Webエンジニアとはどんな仕事内容?種類や働き方までわかりやすく解説

Webエンジニアとは、プログラミング言語を用いてWebシステムの設計・開発・テスト・運用、管理を行う職業です。

よく勘違いされがちなことですが、Webエンジニアはプログラマーのみではなく、Webシステムの制作に携わる全般の職業のことを指します。

そのため、Webエンジニアには様々な種類があり、働き方も千差万別です。

そこで本記事では、Webエンジニアの仕事について詳しく解説していきたいと思います。

Webエンジニアを目指す方は、ぜひ本記事でWebエンジニアについての知識や理解を深めてみましょう。

Webエンジニアとは?どんな仕事内容?

エンジニアとは_IT-1

Webエンジニアとは、WEBサイトやWEBアプリケーションの制作における「設計」「開発」「テスト」「運用・管理」を行う職業です。

つまり、我々がよく利用するスマホアプリやECサイトなどの制作をしていきます。

仕事の流れとしては、以下のようになっています。

 

  • 設計

システムエンジニアまたはWEBディレクターが、クライアントに対してヒアリングを行います。

ヒアリングで出てきた要望や条件をまとめて、そちらを基に仕様書・設計書を作成します。

ヒアリング時は、相手の求めることだけではなく、こちらからの技術的提案なども交えてどのようなWEBサービスを作っていくかわかりやすくまとめていくと良いでしょう。

 

  • 開発

システムエンジニアまたはWEBディレクターが作成した仕様書・設計書を基に、WebプログラマーがWebサイトやWebアプリケーションの開発を行います。

後述しますが、WEBプログラマーはフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの2種類に分類され、それぞれ役割の異なる業務を担当することになります。

 

  • テスト

社内で開発が完了したあとは、システムの動作に問題がないかチェックを行います。

簡潔に説明しますが、制作したシステムのパーツごと細かく確認する単体テストと、他のシステムと繋ぎ合わせた際にエラーが出てしまわないか結合テストを行います。

テストに問題がなければ、いよいよ納品です。

 

  • 運用・管理

クライアントへ納品が完了したからといって、プロジェクトが終了したというわけではありません。

納品後に、Webシステムのバージョンアップや仕様変更、または何らかのトラブルが発生する可能性があります。

制作したWebシステムは、責任を持って管理していきましょう。

 

Webエンジニアの種類とはどんなものがある?

エンジニアとは_IT-2

先ほど、WEBエンジニアはWebシステムの制作に携わる全般の職業と述べました。

上流工程にシステムエンジニア・Webディレクターなど、下流工程にWebプログラマーなどがあり、全て説明するとキリがないため、ここではプログラミングを行うWebプログラマーの種類を解説していきます。

Webプログラマーには大まかに分けて2種類存在し、

「フロントエンジニア」と「バックエンドエンジニア」に分けられます。

それぞれ役割が異なるため、転職する際はどちらが自分に向いているか決める必要があります。

 

  • フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、Webサイト、Webアプリ上で普段我々が目にしているテキストや画像、ボタンなどを開発するエンジニアのことです。

WEBデザイナーが作成したデザインを基にサイトを構築していき、ユーザーインターフェース(UI)、ユーザーエクスペリエンス(UX)、SEOを考慮したプログラミングをしていく必要があります。

度々、マークアップエンジニアと混合されがちですが、マークアップエンジニアは「HTML」「CSS」などのコードのみを扱える人を指し、それに加えて「JavaScript」やJavaScriptの枠組みが最初から用意されている「Riact.js」や「Vue.js」などをカスタマイズできる人をフロントエンドエンジニアと呼びます。

 

  • バックエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアがユーザーの目に見える部分を制作することに対し、バックエンドエンジニアは目では見ることのできない部分を開発します。

わかりやすく言うと、メールの送受信やECサイトの商品購入のやり取りの処理を行う部分に値します。

「Python」「Ruby」「Java」などのプログラミング言語を扱い、サーバーサイドやデータベースなどの開発を行うことにより、ユーザーに快適にサイトを利用していただくための役割です。

 

Webエンジニアの働き方をご紹介!

エンジニアとは_IT-3

Webエンジニアは、様々な働き方を選べることが特徴的です。

企業によってですが、出勤体系には「出社型」「在宅型」があります。

また、他業種に比べ正社員や契約社員、派遣社員の他にもフリーランスや副業といった近代的な働き方のできる業種となっています。

では、最近よく目にするようになったフリーランスや副業。

これらはいったいどのような働き方なのか知らない方もいるかと思います

ここではこちらの2つの解説をしていきます。

 

フリーランス

フリーランスとは企業や団体に所属せず、仕事に応じて都度契約する人のことを指します。

営業から業務、経理などを一人で行い、いわば一人で会社を経営している働き方です。

フリーランスになるためには特別な資格などは必要がなく、開業届を出せば誰でもなれるものです。

しかし、開業をしても仕事が取れなかったり、実践スキルがなければ食べていくのは難しいでしょう。

そのため、いきなりフリーランスを目指すのではなく、一度Web企業に勤めてから独立することをおすすめします。

 

副業

近年、働き方改革により副業が解禁されたことはご存知かと思います。

これにより、本業をしながら副業を許可する企業が増えてきています。

Webエンジニアを目指している方で、少しでも収入を増やしたい方や、今の安定した収入を損ないたくない方は副業から初めてみてはいかがでしょうか。

 

WebエンジニアとSEの違いは?

エンジニアとは_IT-4

重複しますが、WebエンジニアとはWebシステムの制作に携わる全般の職業のことを指します。

SE(システムエンジニア)はWebプログラマーとは多少異なり、先ほど述べた開発フローで設計部分を担当するエンジニアとなります。

システムエンジニアは、クライアントへのヒアリングをして要件定義を行います。

要件定義から出てきた要望や条件を基に、仕様書・設計書の作成を行い、そちらをWebプログラマーに渡してシステム開発を行ってもらいます。

設計だけが担当ではなく、システム制作完了後もバージョンアップや改修作業のためにクライアントとやり取りを行います。

つまり、Webシステム制作の司会進行役のような立ち回りです。

 

Webエンジニアの年収

エンジニアとは_IT-5

Webエンジニアの年収は、専門職となるため一般の他業種と比較して収入が高い傾向にあります。

日本全体の平均年収が433.3万円(※厚生労働省ホームページ参照)に対し、Webエンジニアの収入は以下のようとなっています。

  • 正社員:(年収)584万円
  • 契約社員:(時給)2,198円
  • アルバイト:(時給)1,148円

(※求人ボックス参照)

また、Webエンジニアは給与が安いなどのネガティブイメージを持たれている方もいるかと思いますが、それは専門職のわりにといった話です。

最近では、数年前に比べWebエンジニアの給与相場が上がり、転職とともに収入アップをされている方が増えている傾向にあるようです。

給与増加の背景には以下の理由が挙げられます。

・コロナ禍を機に、インターネットとは無縁だった企業もECサイトやオンラインでの営業を取り入れるようになった。

・大手企業なども時代の変化に伴い、デジタル化を目指しエンジニアの強化を図っている。

あらゆる企業でエンジニア採用の引っ張り合いが始まっています。

つまり、エンジニア人材が少ないからこそ来る需要と考えられるでしょう。

 

Webエンジニアに必要な能力

エンジニアとは_IT-6

WebエンジニアのメインとなるスキルはHTMLやCSSのコード、プログラミング言語です。

しかし、プログラミング言語の他にコミュニケーション能力や論理的思考能力が必要となってきます。

下記では、それらの必要性に関して述べていきたいと思います。

  • HTML・CSS
  • コミュニケーション
  • プログラミング言語
  • 論理的思考

 

  • HTML・CSS

Webサービスを開発する際には、HTMLやCSSなどのコーディングスキルの知識を身に付けなければなりません。

コーディングとはプログラム全般を作成することと異なり、サイトやアプリ構築の基盤をマークアップしていくものとなります。

マークアップとは、コンピューターがテキストや画像などの装飾を正しく認識できるようにタイトル、見出し、文章などの各要素部分に対し“タグ”と呼ばれる目印を使用し、意味付けをすることです。

つまり、プログラミングの骨組み部分を作成するものとなります。

また、これらのスキルを専門とした「コーダー」「マークアップエンジニア」という職も存在します。

 

  • コミュニケーション

どの職場においても言えることですが、円滑なやり取りを行うためにはコミュニケーション能力は必須となります。

Webエンジニアは決してパソコンの前でひたすらカタカタしているだけの寡黙な職業ではありません。

クライアントの要件を伺うヒアリングや、チーム開発時に互いの進捗具合を共有し合う必要があります。

コミュニケーション能力に自信のない方は、日頃から友人や知人などと積極的にコミュニケーションを図り、対人に慣れていくようにしましょう。

 

  • プログラミング言語

フロントエンドエンジニアかバックエンドエンジニアかにより習得しておくべきプログラミング言語は異なります。

フロントエンドエンジニアならJavaScriptや、JavaScriptの骨組みが既に作られているReact.jsやVue.jsをカスタマイズできるようにしましょう。

バックエンドエンジニアは、PHPやPython、Rubyなどの言語を習得しておくと良いでしょう。

また、所属する企業や団体によっても使用する言語は異なってくる為、転職の際は自分が習得したプログラミング言語が通用する企業選びが重要となってきます。

 

  • 論理的思考

Web制作は戦略的に行う必要があり、論理的思考能力が大切となってきます。

・データや数字に強くなり、どうしたらクライアントの要望に対して結果を出せるのか

・SEOに強いサイトを作るにはどこを改善したらいいか

等のロジックを組んだ考え方を基に開発に取り組みましょう。

企業がサイトやアプリを作成する大きな理由としては、

・利益をもたらしたい

・知名度を上げたい

・信用を得たい

などが挙げられます。

これらは目的があるからの依頼のため、ただ単にサイトやアプリを作って終わりではいけません。

また、トラブルが発生した際には冷静に分析をし、対処できる問題解決能力がWebエンジニアには必要となってきます。

 

Webエンジニアになるには

エンジニアとは_IT-7

Webエンジニアになるためには、いくつかの手段があります。

「独学」で参考書や動画を見ながら勉強をする方法、または直接先生から教えてもらえる「スクール」に通学をする方法です。

お互いメリット・デメリットはありますが、自分に合った学習方法を選ぶことが重要でしょう。

 

  • 独学

独学の場合は学習コストを最小限に抑えることができますが、学習に対して根気が必要となってきます。

一人で疑問を持ち、問題解決することができる人には向いているかもしれません。

途中で挫折してしまうケースもあるため、モチベーションを保つことを心掛けましょう。

・参考書で勉強をする

現在、独学者向けのプログラミング書籍が多く出版されています。

自分に合った参考書を見つけましょう。

・動画で勉強をする

独学をされる方は、参考書の他に「Progate」や「ドットインストール」などの動画教材も活用して、より確かな知識を身に付けましょう。

活字と違い、実際にプログラムの挙動を視認しながら学習ができるためおすすめです。

 

  • スクール

独学で学習するよりは割高となってしまいますが、着実に知識を身に付けることができるため、Webエンジニアになるための王道と言ってもいいでしょう。

実際にプロの講師から習うことで、何かにつまずいた際にはすぐに先生に質問できる環境が整っています。

わからないことを順番に一つ一つ解決していくことでモチベーションダウンを防げます。

 

まとめ

エンジニアとは_IT-まとめ

昨今のWebエンジニアの収入が増加傾向にあることから、今までのエンジニア=低収入のレッテルは払拭されたと思います。

Webエンジニアは、システムエンジニアと異なり「Web」に特化したエンジニアということから、慣れ親しんだWebサイトやWebアプリを作る職種なんだとイメージがつきやすかったのではないでしょうか。

Webエンジニアには「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」があり、双方で役割が異なります。

フロントエンドエンジニアはユーザーの目にする部分を開発していくのに対し、バックエンドエンジニアはユーザーには少しわかりづらい裏方の処理を行う仕事。

どちらも、成果物であるサイトやアプリなどは人の目に見てもらいやすい魅力的な仕事です。

それらのエンジニアになるためには独学やスクールなどといった勉強の仕方があるため、時間とお財布と相談しながら自分に合った学習方法を見つけていきましょう。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!