未経験からエンジニアに!転職に強いおすすめのプログラミングスクール3選!

エンジニアを目指す際にはまずプログラミングの勉強を始めなければいけませんが、どのようにして学習していくかが悩みどころだと思います。

独学に挑戦する方もいますが、多くのエンジニアは専門学校またはプログラミングスクールに通い、スキルの習得をしています。

専門学校に通うにはかなりの費用と時間を必要としてしまうため、社会人からエンジニアを目指す方は、専門学校よりも時間や費用が比較的少なく済むプログラミングスクールがおすすめです。

しかし、プログラミングスクールごとに授業の進め方や教材は異なるため、自分に合ったカリキュラムを提供しているプログラミングスクールを見つけることが重要となってきます。

そこで本記事では、プログラミングスクールの選び方や注意点、おすすめのプログラミングスクールについて紹介をしていきます。

しっかりと調べて、自分の目指すキャリアに沿ったプログラミングスクールを見つけましょう。

今、未経験からのエンジニア転職がアツイ!

エンジニア_転職_スクール-1

現在、未経験のエンジニアを募集する企業が増えてきています。

しかし、ここで言う「未経験」とは実務経験は無いが基礎を理解しているレベルを指すため、そちらは勘違いしないように気を付けましょう。

未経験募集の背景としては、ITの技術拡大が進む中で深刻なIT人材不足に陥っていることが原因にあり、2030年にはIT人材が79万人も不足すると経済産業省が発表しています。

プログラミングは、現場でしっかり1年も行うことによりある程度成長することができる仕事のため、基礎を培っていれば未経験者でも求人をかけている企業側にとってはニーズのある人材となります。
参考: IT 人材需要に関する調査 ー 調査報告書 – 経済産業省 5ページ目

未経験エンジニアの年収ってどれくらい?

エンジニア_転職_スクール-2

エンジニア転職を目指すとなると、やはり気になるのは「年収」だと思います。

未経験だからエンジニアに転職した場合、今より年収が下がってしまうのではないかと心配してしまう方も多いです。

未経験からエンジニアに転職した際の年収の相場としては280〜350万程度と言われており、やはり未経験だと年収が下がってしまうケースも珍しくありません。

しかし、エンジニアというのは専門職のためスキルと年収は比例していく傾向にあり、全体を見た時にWebエンジニアの平均年収は約579万円とあるため、実力を着実に身につけていけばある程度稼げるようになります。
参考求人ボックス 給料ナビ Webエンジニアの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)

未経験からエンジニアに転職はできる?

エンジニア_転職_スクール-3

結論から言うと、未経験からエンジニアへの転職は可能です。

前述しましたが、現在、未経験のエンジニアを募集する企業が増えてきています。

しかし、ここ最近のエンジニア転職の人気から現在は完全に買い手市場となっています。

買い手市場とは、採用企業よりも求職者が多く、企業が優位に立っている状態です。

つまり、未経験からの転職は可能ですが、決して簡単ではないということは認識しておきましょう。

未経験からエンジニアに転職を成功させるにはスキルをつけるだけでなく、転職支援をしているスクールを選ぶなどより戦略的に転職活動を行っていく必要があります。

もちろん、本記事では転職支援を行っているスクールもご紹介するため、そういった制度も活用してより転職成功率を高めていってください。

プログラミングスクールは副業をしたい方にもおすすめ!

エンジニア_転職_スクール-4

また、プログラミングスクールに通うことは副業としてエンジニアをしたい方にもおすすめできます。

働き方改革により副業が当たり前になりつつある現代では、在宅でも仕事ができるエンジニアは人気の副業のうちの一つです。

エンジニアはパソコン一台あれば仕事ができてしまいます。

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが定着してきた現在、「どこでも仕事ができる」というのは嬉しいのではないでしょうか。

このご時世、金銭面で将来不安になられている方も多いと思うため、ぜひエンジニアとして副業するために先行投資をしてみてはいかがでしょうか。

プログラミングスクールに通う前にしておくべきこと

エンジニア_転職_スクール-5

エンジニアを目指す方には、順を追ったカリキュラムが用意されているプログラミングスクールに通うことを強くおすすめしています。

独学でやってしまいがちな応用から着手するのではなく、基礎から順番に学ぶことができます。

それに加え、わからないことはその場で質問ができるため知識を吸収しやすくなります。

しかし、勢い任せにエンジニアになりたいからと適当にプログラミングスクールを決めてしまうと、思い描いていた内容と違ったなどの理想とギャップが生じてしまう恐れがあるため以下の2点に気を付けましょう。

  • プログラミングスクールに通う目的をハッキリとさせておく
  • 自分が何をしたいのか、しっかりと業界のことを調べておく

プログラミングスクールに通う目的をハッキリとさせておく

エンジニア_転職_スクール-6

自分はエンジニアとして転職をしたいのか、副業をしたいのか、またはフリーランスとして独立をしたいのかによって、選ぶスクールは大きく変わってきます。

転職をしたいのであれば転職支援を行っているスクールが良いでしょう。

副業やフリーランスとしてエンジニアをしたいのであれば、より実践的で現場に近いスキルを身につけられるスクールを選ぶ必要があります。

自分は将来どのようになりたいのかということをハッキリとさせておくことで、自分に合ったスクールを見つけることができます。

自分が何をしたいのか、しっかりと業界のことを調べておく

エンジニア_転職_スクール-7

エンジニアと言っても様々な種類があります。

フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、インフラエンジニアなど、一口にエンジニアと言っても各エンジニアごとにやるべき業務は大きく異なります。

まずは業界についてしっかりと調べ、「自分は何に興味があるのか」「何を目的にプログラミングスクールに通うのか」をハッキリとさせておきましょう。

プログラミングスクールを選ぶ際の注意点

エンジニア_転職_スクール-8

前述した通り、自分が将来目指しているエンジニアや働き方によりプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

目的に沿ったカリキュラムか、転職支援はついているのか、などを参考に決めるといいでしょう。

上記を踏まえてプログラミングスクールを選ぶ際に主に確認すべき点としては以下が挙げられます。

  • 現場レベルのスキルが身につくか
  • 転職支援がついているか
  • ポートフォリオ作成のサポートがあるか
  • マンツーマンかどうか

現場レベルのスキルが身につくか

エンジニア_転職_スクール-9

プログラミングスクールで非常に多いことですが、基礎レベルを習わせて終わりにしてしまうパターンです。

もちろん基礎は大事ですが、現場に出た時に応用が効かず苦労することになります。

基礎に加えて、現場で使えるテクニックも学べるプログラミングスクールを選ぶことで円滑なエンジニアデビューを飾ることができます。

転職支援がついているか

エンジニア_転職_スクール-10

エンジニアに転職を考えている場合は、プログラミングスクールに転職支援がついているか調べましょう。

転職支援がついているスクールであれば、転職を視野に入れたうえでのカリキュラムや課題が設定されているケースも多いです。

加えて、プログラミングスクールの講師は実際に現場で働いているエンジニアであることが多いため、実際のエンジニアから面接のアドバイスなどをもらうことができます。

ポートフォリオ作成のサポートがあるか

エンジニア_転職_スクール-11

エンジニアとして転職活動を行う際に必須となるのがポートフォリオです。

ポートフォリオとは、企業に対して自分が今まで作ってきた制作物をまとめ、「このようなことをしてきました」というアピールに使用する作品集を指します。

エンジニア転職では、このポートフォリオが採用の判断材料として重視される傾向があるため、細部まで作り込んでおく必要があります。

一人でポートフォリオ作成するのではなく、しっかりとポートフォリオ作成のアドバイスをもらえるプログラミングスクールを選びましょう。

マンツーマンかどうか

エンジニア_転職_スクール-12

スクール生複数人に対して講師1人が教えるプログラミングスクールもありますが、授業に追いついていけなくなったり、他の人を気にして気軽に質問ができなかったりします。

しかし、マンツーマンであればその心配はいりません。

自分のペースで学習を進めることができるうえ、質問も気軽にできます。

講師もあなたにだけ時間を割いてくれるため、授業内で細かい部分まで習うようにしましょう。

転職に強いプログラミングスクールおすすめ3選

エンジニア_転職_スクール-13

以上の注意点を踏まえ、ここからはエンジニア転職に強いおすすめのプログラミングスクールを3つほど紹介していきます。

今回ご紹介しているプログラミングスクールを選んでおけば、ひとまず間違いはないと思います。

ご紹介する3つの中から、ぜひご自身に合ったコースを見つけてみてください。

DMM WEBCAMP

dmm-webcamp

DMM WEBCAMPは転職成功率98%を誇る転職に非常に強いプログラミングスクールです。

ライフコーチ、メンター、キャリアアドバイザーとサポートが充実しており、挫折しない環境が整えられています。

また、未経験に特化したカリキュラムやビジネス研修など、「未経験から即戦力のエンジニア」になることに特化したプログラミングスクールですので、未経験からエンジニアになりたいあなたには非常にマッチしているプログラミングスクールと言えるでしょう。

コース 短期集中コース / 専門技術コース / 就業両立コース など
学べる言語 HTML / CSS / JavaScript / jQuery / Ruby / Ruby on Rails など
受講形態 オンライン
受講期間 3ヶ月 / 4ヶ月 / 6ヶ月 ※コースごとに異なります。
受講内容 ※コースごとに異なります。
転職サポート あり ※転職保証制度あり
受講料金 入学金:なし
※コースやプランごとに異なります。
返金サポート 転職保証制度利用の場合のみ適用 ※条件あり
公式サイト https://web-camp.io/
DMM WEBCAMPをオススメする理由!
DMM WEBCAMPをオススメする理由!

  • 業界トップクラスの転職実績
  • 充実したサポート
  • AIやクラウドなど需要の高いスキルを身につけられる
  • 厚生労働省指定の給付金対象と信頼感がある
  • ビジネス研修などプログラミング以外も学ぶことができる

TechAcademy

techacademy

TechAcademyは目的別で学べる言語が変わり、副業向けや転職向け、基本的な教養など様々なコースが用意されています。

自身の目的によって言語が変わるため、たくさんの言語を幅広く学ぶことは難しいですが、その代わりにひとつの目標に向かって深く学ぶことができます。

複数コースを同時に受講することもできるため、時間や金銭に余裕があるのであれば非常に良いスクールと言えるでしょう。

コース 初めての副業コース / Webデザインコース / Webアプリケーションコース など
学べる言語 HTML / CSS / JavaScript / Java / PHP / Laravel など
受講形態 オンライン
受講期間 2ヶ月 / 3ヶ月 / 4ヶ月 ※コースごとに異なります。
受講内容 ※コースごとに異なります。
転職サポート あり ※転職保証制度あり
受講料金 入学金:なし
※コースやプランごとに異なります。
返金サポート なし
公式サイト https://techacademy.jp/
TechAcademyをオススメする理由!
TechAcademyをオススメする理由!

  • 目的に合ったコース選択が可能
  • 転職保証制度あり
  • AIやクラウドなど需要の高いスキルを身につけられる
  • 厚生労働省指定の給付金対象と信頼感がある
  • マーケティングやデザインなどのコースもあり、Web系の学習がひとつで完結する

RUNTEQ

RUNTEQ-バナー

RUNTEQでは、課題に対しての答えを教えるのではなく解き方を教える学習方針となっています。

そのため、プログラミング以外にも現場に出た際に発揮される自己解決能力などの内面の力も身に付けることができます。

カリキュラムは比較的難しいですが自走力をつけるにはもってこいのプログラミングスクールです。

コース Webマスターコース / Railsマスターコース / Railsエンジニアコース
学べる言語 HTML / CSS / Rails / Ruby on Rails / Vue.js など
受講形態 オンライン
受講期間 Webマスターコース:最大9ヶ月

Railsマスターコース:最大8ヶ月

Railsエンジニアコース:最大6ヶ月

受講内容 ※コースごとに異なります。
転職サポート ポートフォリオ作成、擬似面接、提携企業紹介 など
受講料金 ※コースやプランごとに異なります。
返金サポート 無し
公式サイト https://runteq.jp/
RUNTEQをオススメする理由!
RUNTEQをオススメする理由!

  •   圧倒的学習量
  •   転職成功者のWeb開発企業への内定率98%
  •   困った時に頼りになるバディ制度導入
  •   手厚い転職サポート
  •   実務向けの学習カリキュラム

まとめ

エンジニア_転職_スクール-まとめ

スムーズに未経験からエンジニアを目指す場合は、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

しかし、適当にプログラミングスクールを選ぶのではなく、自分の目的に合ったカリキュラムが実施されているスクールか、その他転職活動のサポートがついているかなどをしっかり下調べする必要があります。

それらを注意しつつ、将来自分が目指しているエンジニア像に合ったプログラミングスクールをぜひ見つけてください。

最新情報をチェックしよう!