【未経験者向け】Webマーケティング職の転職が厳しいと言われる理由と解決策を解説!

この記事の監修者
5789
橋本 琢王
CIRANUI株式会社代表取締役 2015年にエンジニアとしてのキャリアをスタートし、制作会社のWEBディレクター、ヘルスケアスタートアップのWEBエンジニア、事業会社のプロジェクトマネージャー・プロダクトマネージャーなど様々なプロジェクトに参画。 プロジェクトマネージャー、WEBディレクター、WEBエンジニアとしてのキャリアを築く。 プロジェクトに参画しながら、2016年にフリーランスチーム「FIREWORKS」を立ち上げ、フリーランスで活躍するエンジニアやデザイナーと共に、WEBブランディング、WEB開発を行う。 2021年に個人事業主から法人化をしてCIRANUI株式会社代表取締役に就任。

Webマーケティングは、「在宅OK」「手に職がつく」といった理由から、最も人気のある業界の一つです。

あなたもこのようなメリットに惹かれて、未経験からWebマーケティング職を目指しているのではないでしょうか?

しかし、「Webマーケティング職は未経験だと厳しい」と聞くと不安ですよね。

そこで当記事では、以下の内容について解説していきます。

  • 未経験からWebマーケティング職への転職が厳しい理由
  • Webマーケティング職に求められるスキル・知識
  • 未経験からWebマーケティング職への転職を成功させるコツ
  • 転職に強いWebマーケティングスクール

結論、未経験からWebマーケティング職への転職は可能です。

Webマーケティングにまだそこまで詳しくない方にもわかりやすく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験からWebマーケティング職への転職が厳しい理由5選

未経験からWebマーケティング職への転職が厳しいと言われる理由は、主に5つあります。

  • 実務経験を求められることが多い
  • 高度な専門スキルが求められる
  • 実績作りに時間がかかる
  • 教育体制が整っていない
  • Webマーケターになりたい人が増えた

Webマーケティング特有の理由もあれば、そうでない理由もあります。

厳しい理由を知ることで転職への対策が練りやすくなるので、それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

実務経験を求められることが多い

Webマーケティングは、知識やスキルの有無よりも実力が求められます。

その理由は、Webマーケティングがデータを分析・仮説を立てて検証の繰り返しで成果を出していく業務だからです。知識やスキルを持っていても、思ったようにいかないことも多くあります。

だからこそ、実務経験を積み得た知識を応用しながら成果を残す「実践力」が求められるのです。

Webマーケティング職へ転職するのは完全な未経験では厳しいので、ブログやSNSを運用して実績を作りましょう。

高度な専門スキルが求められる

Webマーケティングは求められるスキルのレベルが、他の業種よりも高い傾向にあります。

具体的には、「専門スキル」「人間スキル」の2つが必要です。

  • 広告運用スキル(記事コンテンツを検索上位に表示する力)
  • SEO対策スキル(Web広告を運用して売上をアップさせる力)
  • SNS運用スキル(SNSを運用して認知度やシェアを拡大させる力)
  • アクセス解析スキル(集めたデータを分析・改善して成果を高める力)
  • 論理的思考スキル
  • プレゼンテーションスキル
  • コミュニケーションスキル
  • データ分析スキル

Webマーケティングは専門スキルはもちろん、さまざまな部署と関わる仕事のため、コミュニケーションスキルプレゼンテーションスキルも必須です。

これらのスキルを身につけるには時間と学習量が必要で、資金に余裕のない企業が多いWebマーケティング業界では経験者が優遇されます。

実績作りに時間がかかる

実績を作りにくい点もWebマーケティング職が未経験だと厳しいと言われる理由のひとつです。

例えばWebマーケティング未経験者が作れる実績は以下の通り。

  • 個人ブログを運営する(月1万PV)
  • SNSでフォロワーを集める(Twitterフォロワー1,000人)
  • Web広告運用をして商品を売る(成約件数10件)

いずれも実績を作るまでには大体半年から1年はかかります。

また、時間をかければ必ず達成できるわけではないのも辛いところです。

アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、アフィリエイト収入は0〜5,000円が58.5%を占めています。
参考:アフィリエイトプログラムに関する意識調査<2022年>

そしてsocialdogの調査によると、Twitterで1,000人以上のフォロワーを持つアカウントは全体のわずか18.5%でした。
参考:Twitter(ツイッター)でフォロワー数1000人の壁を突破するための運用方法

成果が出るまでにやめてしまう人や、本業で忙しくて時間が作れない場合がほとんどです。

実績作りに1年はかかると思っておきましょう。

教育体制が整っていない

株式会社シンクロが行なった経営者・マーケティング責任者100人へのアンケートでは、全体の90%が「教育人材が足りていない・やや足りていない」と回答しています。
参考:マーケティング組織づくり・人材育成に関する調査結果

つまり、企業側にWebマーケティング未経験者を抱える余裕がなく、採用が厳しくなっているのが現状です。Webマーケティングは人の労働力が売上に直結するので、教育に人材を割くほど会社の売り上げが落ちて経費だけが膨らんでしまう状況になってしまいます。

そのため、企業は即戦力になってくれる経験者を求めている場合がほとんどです。

仮に未経験で入社できたとしても

「教育係はつかず最低限のことしか教えてもらえない」
「基本は理解している前提で話が進んでいくのでついていけない」

このような状態になってしまうことも多く、万が一入社できても継続していくのは難しいです。

Webマーケターになりたい人が増えた

Webマーケティング業界は将来性があり、たくさんのライバルが注目しています。

電通が発表した「インターネット広告媒体費 詳細分析」では、2022年のインターネット広告費は前年比114.3%の増加。日本の総広告費の43.5%を占める結果になっています。

その他、以下のような理由からもWebマーケターを目指す人は増えてきています。

  • リモートワークOK
  • 手に職がつく
  • 収入が高い
  • 副業で稼げる

最近はオンラインスクールの受講者も増えているので、スキルのある未経験者も多く競争率が増加中です。

そのため、最新のマーケティング情報を学習したり個人で実績を作るなどの工夫がないと、未経験からの転職はますます厳しくなっていくでしょう。

未経験からWebマーケティング職に就職するのは不可能?

未経験からWebマーケティング職に転職するのは厳しいですが、不可能ではありません。

実際に未経験者がWebマーケティング職に就職・転職できた実績は多くあり、諦める必要は全くないです。

近年のWebマーケティング職は、特定の施策の中でもさまざまな手法に枝分かれしているため需要が高く、まだまだ人手が足りていない企業が多いのも事実。

未経験者でもしっかりと対策をすれば転職は可能です。特に若い方がWebに抵抗がなくポテンシャル採用される可能性もあるので、Webマーケティング職に就職・転職したい場合は早めに活動を始めましょう。

Webマーケティング職に求められるスキル・知識

Webマーケティング職に求められるスキル・知識は以下の通りです。

  • コミュニケーション力
  • データ収集・分析
  • 論理的思考力
  • マーケティング全般の知識

Webマーケティング職では、マーケティング全般の知識やスキルがあれば十分と考えられていますが、そんなことはありません。

コミュニケーション力やデータ収集・分析力、論理的思考力も求められます。わかりやすいようにそれぞれ解説していきます。

コミュニケーション力

ここでのコミュニケーション力とは、相手の意図を聞き出し自分の意図を伝えるスキルのことです。

Webマーケティングはパソコンで作業するだけでなく、クライアントやチームメンバーとの意思疎通が必須になります。

コミュニケーション能力がないとクライアントとの関係が悪化する恐れもあるので、クライアントが抱える悩みの把握や自分の考えを正確に伝える力も必要です。

クライアントやチームメンバーとの適切なコミュニケーションは評価を上げる要因にもなります。

現在は新型コロナウイルスの感染拡大により在宅勤務やテレワークが普及してコミュニケーションのあり方が変化し、より柔軟な対応力が求められるようになってきています。

データ収集・分析

Webマーケティングは施策を実行した後に数値でほとんどの結果がわかります。

コンバージョンだけでなく、ランディングページのPVや滞在時間、Web上での行動データが取得可能です。

取得したデータを分析して、仮説を立て施策を改善していくのがWebマーケティング職には必須になります。

また、以下2つのスキルもWebマーケティング職には非常に大切です。

  • 日々アップデートされるWebマーケティングの情報を収集し自分の中に落とし込むスキル
  • Webサイトのアクセスログを精度の高い切り口で収集・分析していくスキル

Googleのアップデートによって今まで当たり前だったことが覆されることは多く、正しい情報を収集して改善していくことが求められます。

また大量のアクセスログに対して、課題解決の糸口になるような情報精度の高い切り口で収集・分析を行い、次の打ち手に生かしていくスキルも重要です。

論理的思考力

論理的思考力とは因果関係を言語化し導き出す能力のことです。

論理的思考力が高いということは、原因と結果のつながりを推定する力が高いことになります。

例えば、Web上の集客がうまくいっているけれどなかなか商品の購入に結びついていない場合。

原因は商品が悪いからだ!と決めつけるのは論理の飛躍となります。

一方で、アクセス解析をして申し込みページで購入をやめていることが判明し、申し込みページに何か問題があると仮説を立てるのが論理的思考です。

このようにWebマーケティングではアウトプットからインプットを推定し、反対にインプットからアウトプットを推定するスキルが必要。

また、上司やクライアントに説明するときにも論理的思考は役に立ちます。

論理的思考ができていれば上司やクライアントが納得できる理由を提示できるので、合理性や信頼性を高めることが可能です。

マーケティング全般の知識

マーケティング全般の知識とは、マーケティングに関する専門用語/Webに関する知識のことです。

マーケティングに正解はありませんが、先人たちが見つけ出した基本的な法則やルールはあるので事前に理解しておきましょう。

Webマーケティング関係者とコミュニケーションを取る場合、共通言語としてマーケティング全般の知識があるとコミュニケーションを円滑に進められます。

大切なのは、書籍や動画学習で得た知識をしっかりと実践すること。

先述した通り、Webマーケティングではスキルや知識よりも応用力が重視されます。

未経験からWebマーケティング職への転職を成功させるコツ

未経験からWebマーケティング職への転職を成功させるコツは4つです。

  • 独学でWebマーケティングを学ぶ
  • ブログ・SNSで実績を作る
  • 転職エージェントを活用する
  • Webマーケスクールを活用する

どの方法も一長一短なので、自分に合った方法をおすすめします。

最短で確実にWebマーケティング職への転職を成功させたい方は、Webマーケティングスクールがおすすめです。費用はかかりますが、実績豊富な現役Webマーケターが初心者にもわかりやすく教えてくれます。

独学でWebマーケティングを学ぶ

独学でWebマーケティングを学ぶメリットは低コストで学べることです。

お金をかけたくない人におすすめな勉強方法になります。

しかし、Webマーケティングの勉強範囲は多くて実践しても必ず成果が出るわけではないので、途中でモチベーションが続かなくなることもあるでしょう。

重要な実践の場も自分で用意する必要があり、かなりハードルの高い勉強といえます。

独学でWebマーケティングを学ぶ方法は以下の3つ。

  • 本、書籍で独学する
  • 動画コンテンツで独学する
  • Webサイト、ブログで独学する

実際に、完全独学でWebマーケティングを勉強して転職に成功した実例もあるので不可能ではありません。

1年くらいかけて勉強する覚悟と、本業以外の時間全てを勉強に充てる覚悟が必要です。

モチベーションが続かない、最短ルートで成功したいと思っている方はやめておきましょう。

基礎知識をつけたり実績作りの準備として行うのには、最適な勉強方法です。

ブログ・SNSで実績を作る

知識やノウハウを吸収したら実践あるのみです。Webマーケティングのいいところは個人で実績を積めるところ。

ブログはドメイン代やサーバー代のみで始められ、SNSは無料でアカウントが作れます。

SEOに興味がある場合はブログで記事を作成し、検索上位を獲得する経験を重ねることが大事です。

PV数を増やしたり、アフィリエイトで稼いだ経験もあれば十分に実績として認めてもらえます。

ターゲットを定めて商品・サービスの売り上げを高めたり、アクセス解析・改善する力も磨かれるので、Web広告運用を学びたい方にもおすすめです。

月1,000円〜と低コストで始められる点も大きな魅力です。収益化すれば初期費用回収&Webマーケターとして転職も可能になります。

SNSマーケターを目指す場合はフォロワー数を増やし、まずは1,000人を目標にしてみましょう。

Instagramなどでジャンルを特化してフォロワー数を増やすことができれば、商品提供やPR案件の依頼につながることもあります。

どちらも時間はかかりますが、トライ&エラーを繰り返して毎日コツコツ努力することが大事です。

転職エージェントを活用する

同時に転職エージェントへの無料登録がおすすめです。

転職エージェントを活用するメリットとして、以下のような理由が挙げられます。

  • 求人を自分で探す手間が省ける
  • 非公開求人に応募できる
  • 応募時に志望動機が不要
  • 書類作成や面接のアドバイスをもらえる

専門のキャリアアドバイザーと協力しながら転職成功を目指せますし、最新の転職事情を聞いたり未経験者OKの求人にも出会えるので、早めに登録しておいて損はありません。

登録するべき転職エージェントは以下の3つです。

転職エージェントの登録は、特化型のマスメディアンと、総合型のリクルート・dodaの併用がおすすめです。

業界・職種問わず幅広く網羅。求人数が豊富、転職支援実績も多く年代・性別問わずおすすめ。
特定の業界に特化した転職支援。求人数は劣るが、アドバイザーの専門性が高く業界に精通。

転職が厳しいと感じたらスクールを活用しよう

1番おすすめな方法は、Webマーケティングスクールへ通うことです。

スクールでは実績豊富な現役Webマーケターから実践的な指導を受けられ、わからない部分も質問できて、モチベーションを保ちながら学習を継続できます。

中には転職支援つきのスクールや実務経験を積めるスクールもあり、転職活動時は「実務経験あり」とかけるのが大きなメリットです。

転職までのスピードを求めるなら、スクールの利用がおすすめ。しかし受講料はかなりかかります。

入会金:0~66,000円
受講料:165,000円〜657,000円

「お金がかかってもいいから最短で就職したい」
「とにかく早く転職したい」

このような方におすすめの勉強方法です。

Webマーケティングスクールを選ぶ際には、

  • 転職支援つきのスクール
  • 実績のあるスクール
  • 実務経験を積めるスクール

この3点に着目して選ぶと安心です。

転職に強いWebマーケティングスクール3選

転職に強いWebマーケティングスクール3選をご紹介します。

  • マケキャン by DMM.com
  • WEBMARKS
  • デジハリONLINE

他の記事でおすすめのWebマーケティングスクールについて解説しているので、そちらもご覧ください。

関連記事

Webマーケターの需要が高まる中、Webマーケティングを学べるスクールも増えてきています。 しかし、スクール選びを間違えてしまうと、高額な費用を払ったのに就職に失敗してしまったといった事態を招いてしまうかもしれません。 本記事で[…]

Webマーケティングスクールおすすめ12選_アイキャッチ

関連記事:Webマーケティングスクールおすすめ12選をご紹介!【未経験者OK】

マケキャン by DMM.com

スクール名 マケキャン by DMM.com
受講期間 転職コース:2ヶ月

転職コースpremium:3ヶ月

学習コース:4~8週間

料金 転職コース:330,000円

転職コースpremium:657,800円

学習コース:165,000円~

習得スキル ・リスティング広告

・Google広告

・ディスプレイ広告

・広告シミュレーション

・マーケティング分析

・その他多数

受講形式 オンライン
就職支援サポート
  • 現役Webマーケターからのマンツーマンレッスン
  • 3ヶ月で転職可能
  • 転職活動支援が手厚い

マケキャン by DMMは、未経験でもWebマーケティングのスキルを3ヶ月で習得でき、Webマーケターとして転職できると評判です。

卒業生の3人に2人が年収アップに成功している実績もあり、口コミでも良い評価が多くみられます。

受講開始後に勉強と並行して始まるキャリア支援では、Webマーケターとしての自分の希望やキャリアプランの検討から始まり、求人・企業紹介や書類の添削や擬似面接までと豊富です。

まずは無料カウンセリングからお試しください。

WEBMARKS

スクール名 WEBMARKS
受講期間 超実践型講座:6ヶ月

動画講座:3ヶ月

料金 超実践型講座:495,000円

動画講座:352,000円

習得スキル ・SEO

・データ解析

・案件獲得

受講形式 オンライン
就職支援サポート
  • SEO専門の学習
  • 就職/案件獲得サポートあり
  • 全額返金保証制度あり

WEBMARKSの最大のメリットは、現役で活躍しているプロのSEOマーケターから学ぶことができる点です。現場に出てすぐに役立つ知識・スキルが満載です。

またフリーランスとして活動するための案件獲得方法や資金調達、税金対策といった点も学べます。このような指導は他では受けられないので、貴重です。

SEOマーケに特化しているので、専門職のキャリアとしては十分なスクールになります。

デジハリONLINE

スクール名 デジハリONLINE
受講期間 Webマーケティング基礎講座:1ヶ月

Web担当者 養成講座:6ヶ月

料金 Webマーケティング基礎講座:11,000円

Web担当者 養成講座:203,500円

習得スキル ・Webマーケティング/アクセス解析

・SEO対策

・Webディレクション

・Web広告運用

・SNS運用概論

・クリエイティブ基礎

・デザイン/ワークフロー

受講形式 オンライン
就職支援サポート
  • マーケティング知識全般が学べる
  • 動画教材で学べる
  • デザインまで勉強できる

デジハリONLINEでは、Webの知識や集客の基本になるSEO・リスティング広告・分析などマーケティングにおける基礎知識が学べます。

教材は計72時間の動画で、期間中であれば自分のペースで学習可能です。

メリットとしては、他のWebマーケティングスクールよりも値段が安価なところにあります。

今回紹介した他のスクールでは330,000円〜でしたが、デジハリONLINEでは203,000円で入学金もかかりません。

講師のクオリティが高いと評判も良く、非常におすすめなスクールです。

Webマーケティング職への転職は不可能ではない

当記事では、Webマーケティング職が厳しいと言われる理由と解決策について解説しました。

改めて結論をまとめると、未経験だとWebマーケティング職への転職は厳しいですが不可能ではありません。

以下の方法を実践すれば、十分にWebマーケティング職への転職を実現できます。

  1. 独学する
  2. ブログやSNSで実績を積む
  3. 転職エージェントを活用する
  4. スクールに通う

1番のおすすめはスクールに通うことです。コストはかかりますが、確実性が高く最短でWebマーケティング職へ転職できます。

未経験からWebマーケティング職への転職は確かに厳しいですが、本気であれば決してあきらめないでください。必ず実現できます。

最新情報をチェックしよう!