サーバーエンジニアのすべてを徹底解説!仕事内容から年収、将来性まで網羅しました

この記事の監修者
5789
橋本 琢王
CIRANUI株式会社代表取締役 2015年にエンジニアとしてのキャリアをスタートし、制作会社のWEBディレクター、ヘルスケアスタートアップのWEBエンジニア、事業会社のプロジェクトマネージャー・プロダクトマネージャーなど様々なプロジェクトに参画。 プロジェクトマネージャー、WEBディレクター、WEBエンジニアとしてのキャリアを築く。 プロジェクトに参画しながら、2016年にフリーランスチーム「FIREWORKS」を立ち上げ、フリーランスで活躍するエンジニアやデザイナーと共に、WEBブランディング、WEB開発を行う。 2021年に個人事業主から法人化をしてCIRANUI株式会社代表取締役に就任。

サーバーエンジニアとはどのような職種でしょうか。

サーバーエンジニアは、ITインフラの基盤となるサーバーを設計・構築・運用する専門家です。

仕事内容は多岐に渡りますが、大きく分けるとサーバーの構築や保守・運用が主な業務となります。

専門性が高く、知識やスキルが求められる職種ですが、努力次第で未経験からでも挑戦することが可能です。

この記事では、サーバーエンジニアの仕事内容や必要なスキル、資格、年収などについて詳しく解説します。

また、未経験者でもサーバーエンジニアになれるのか、その方法や将来性についてもご紹介します。

ぜひこの記事を参考に、サーバーエンジニアという職種について理解を深めてみてください。

サーバーエンジニアってどんな職種?

サーバーエンジニアとは、インターネットや企業の情報システムが円滑に動作するために、サーバーの構築や運用、保守を行う専門家のことです。

コンピューターの中心的な役割を果たすサーバーを管理し、企業や組織のデータを安全に保管し、高速で利用できるようにするために必要不可欠です。

サーバーエンジニアは、インターネット上のウェブサイトやアプリケーションを利用できるようにするだけでなく、企業内で利用される業務システムやデータベースも適切に管理する重要な役割を果たします。

また、システム全体の性能向上やコスト削減にも努め、企業のIT戦略を支える存在となっています。

この仕事は、技術力が求められる分野であるため、最新の技術や知識を常に学び続ける姿勢が大切です。

また、トラブルが起きた際には迅速に対応し、問題解決に努める柔軟性や忍耐力も必要とされます。

サーバーエンジニアは、今後も情報化社会が進む中で、ますます重要性が増す職種といえるでしょう。

インターネットの利用が日常化し、企業のビジネスがデジタル化される中で、サーバーエンジニアの役割は大変重要なものとなっており、その需要は今後も高まることが予想されます。

サーバーエンジニアの仕事内容を簡単に解説

サーバーエンジニアの仕事内容は大きく分けて、サーバーの構築サーバーの保守・運用の2種類です。

サーバーの構築では、企業や組織のニーズに応じて、適切なサーバー設定やネットワーク構築を行い、システムがスムーズに動作する環境を整える業務があります。

一方、サーバーの保守・運用では、既存のサーバーシステムを監視し、障害が起きた場合には迅速に対処することが求められます。

また、システムの性能向上やセキュリティ対策を行い、データを安全に保管することも重要な業務です。

これらの仕事を通じて、サーバーエンジニアは企業や組織の情報システムを支え、インターネットをはじめとする情報通信インフラの発展に貢献しています。

サーバーの構築

サーバーの構築とは、企業や組織の情報システムがスムーズに動作するために必要な、サーバー設定やネットワーク構築を行う作業のことです。

まず、サーバーエンジニアは要件定義を行い、システムの目的や規模、予算などを明確にします。

その上で、最適なサーバー機器やソフトウェアを選定し、設置場所や電源の確保、ネットワーク接続などの環境整備を進めていきましょう。

サーバー設定では、適切なOSのインストールやアプリケーションの設定、セキュリティ対策などを実施します。

ネットワーク構築では、ルーターやスイッチの設定を行い、サーバーと他のデバイスが正しく接続されるように手配します。

これらの作業を行うことで、企業や組織が求めるシステムが実現され、データのやり取りが円滑に行われるでしょう。

サーバーエンジニアは、サーバーの構築において技術的な知識や経験が大変重要ですが、顧客とのコミュニケーション能力も求められます。

要件定義や進捗管理、トラブル対応など、顧客とのやり取りが多い仕事ですので、円滑なコミュニケーションが必要とされます。

これらのスキルを身につけることで、より効率的で安定したサーバーシステムを構築しやすくなるでしょう。

サーバーの保守・運用

サーバーの保守・運用とは、構築されたサーバーが安定して稼働し続けるように、定期的なメンテナンスやトラブル対応を行う仕事です。

サーバーエンジニアは、システムの性能を監視し、問題が発生した際には迅速な対応が求められます。

具体的には、サーバーの動作チェックやソフトウェアの更新、セキュリティ対策の強化などが含まれます。

また、サーバー運用では、システムの利用状況やトラフィック量を把握し、必要に応じてサーバーの増設や負荷分散を検討することも大切です。

これにより、サーバーが安定して動作し、利用者に快適なサービスを提供できるようになります。定期的なバックアップも重要な業務の一つです。

万が一、サーバーが故障したり、データが消失したりした場合でも、バックアップから復旧できることが求められます。

そのため、バックアップのスケジュール管理やデータ復旧の手順を確立することが大事です。

サーバーの保守・運用は、技術的知識だけでなく、柔軟な対応力や迅速な判断力も必要とされる仕事です。

また、サーバーに関するトラブルが発生した際には、関係者とのコミュニケーションが重要となりますので、円滑な人間関係を築く能力も求められます。

サーバーエンジニアはやめとけと言われる理由

サーバーエンジニアは「やめとけ」と言われることがある理由には、次のようなポイントが挙げられます。

  • 勤務時間が長く休日出勤や深夜の対応が多い
  • 常に最新の技術や知識を身につける必要がある
  • ストレスが多い職種である
  • 将来性に不安がある

ひとつ目に勤務時間が長く、休日出勤や深夜の対応が多いことが挙げられます。

サーバーは24時間365日稼働しているため、トラブルが発生した際にはいつでも対応が求められます。そのため、プライベートの時間が犠牲になることが多いのです。

次に、常に最新の技術や知識を身につける必要があることも理由のひとつです。

情報技術は日進月歩で進化しており、サーバーエンジニアは新しい技術やツールに対応し続けなければならないため、学習に費やす時間が多くなります。

また、ストレスが多い職種であることも理由として挙げられます。

サーバーがダウンすると、利用者や関係者からのクレームが発生し、責任を追及されることがあります。そのため、精神的な負担が大きくなることがあります。

さらに、将来性に不安があるという意見もあります。

クラウドサービスの発展により、企業が自社でサーバーを運用するケースが減少してきており、サーバーエンジニアの需要が減る可能性が指摘されています。

これらの理由から、「サーバーエンジニアはやめとけ」と言われることがありますが、それでも魅力的な職種であることは確かです。

適切なスキルや知識を身につけ、効率的な働き方を身につけることで、この職種のデメリットを克服できるかもしれません。

サーバーエンジニアの年収をご紹介

サーバーエンジニアの年収についてご紹介します。

経験やスキルによって年収は大きく変わりますが、一般的に初心者の場合、平均年収は465万円程度です。

(参照:https://mynavi-agent.jp/helpful/income/category/it_07.html)

経験が豊富であれば、600万円以上の年収を得ることも珍しくありません。また、企業の規模や業界によっても年収は異なります。

大手企業やIT系の企業で働く場合、年収が高くなる傾向がある一方で、中小企業では年収はやや低めです。

資格があるかどうかも、年収に影響を与えます。LinuCやCCNA、マイクロソフト認定資格など、サーバーエンジニアに関連する資格を持っていると、高い年収を期待できるでしょう。

資格を取得することで、自分のスキルを証明し、市場価値を上げられます。また、転職や独立も年収に影響を与える要素です。

転職を繰り返すことで給与アップを目指せますが、安定性が低くなるデメリットもあります。

独立してフリーランスとして働く場合、年収は自分の営業力やスキルによって大きく左右されますが、成功すれば高額な報酬を得ることも可能です。

このように、サーバーエンジニアの年収は様々な要素によって変動します。自分のスキルや経験、働き方に合わせて、適切な年収を目指しましょう。

サーバーエンジニアにおすすめの資格

サーバーエンジニアになるには、専門的な知識やスキルが求められます。

そのため、資格を取得することで自分の能力を証明し、就職や転職に有利に働くでしょう。

また、資格を持っていると、年収アップやスキルアップにも繋がります。ここでは、サーバーエンジニアにおすすめの資格をご紹介します。

それぞれの資格は、サーバーエンジニアに必要な知識や技術を身に付けられますし、業界での認知度も高いため、取得しておくことで安心感が得られるでしょう。

資格には、LinuC、CCNA、マイクロソフト認定資格など、幅広い分野のものがあります。自分の興味やキャリアプランに合わせて、適切な資格を選びましょう。

資格取得には努力が必要ですが、将来のキャリアに大きく影響するため、ぜひチャレンジしてみてください。

LinuC(Linux技術者認定資格)

LinuC(Linux技術者認定資格)は、Linuxの専門知識を持つ技術者を認定する資格です。

Linuxは、サーバー運用に広く使われているオープンソースのOSであり、サーバーエンジニアにとって重要なスキルの一つとされています。

この資格は、基本的なLinuxの操作方法やシステム管理、トラブルシューティングなどの知識を証明できます。

資格試験は、初級から上級までのレベルがあり、自分のスキルに合わせて受験できます。

LinuCを取得することで、自分のLinuxスキルを客観的に示せるようになり、就職や転職活動でアピールポイントになります。

また、資格を持っていることで、職場での信頼度も上がるでしょう。

資格取得を目指す場合、書籍やオンライン教材を利用して独学で勉強することもできますし、専門のスクールに通って指導を受けることもできます。

自分に合った勉強方法で、Linuxの知識を身に付けましょう。

LinuCは、サーバーエンジニアにおすすめの資格の一つであり、取得することでキャリアアップにつながるでしょう。

CCNA

CCNA(シスコ認定ネットワークアソシエイト)は、ネットワーク技術の基本を学び、実践的なスキルを身に付けられる資格です。

シスコシステムズ社が提供しており、世界的に認知度が高い資格の一つとされています。

この資格を取得することで、ルーターやスイッチの設定、ネットワークのトラブルシューティング、セキュリティ対策など、ネットワーク構築や運用に関する知識を証明できます。

サーバーエンジニアにとって、ネットワークの知識は欠かせないため、CCNAは非常に役立つ資格と言えるでしょう。

CCNAを取得するメリットとして、自分のスキルをアピールできるだけでなく、企業からの信頼も得られます。

また、グローバルな視点で活躍したい場合にも、この資格は大変有益です。

資格試験には、ネットワークの基礎知識やシスコ製品の操作方法などが出題されるため、専門のスクールで学習することが推奨されます。

試験対策のための教材も充実しているので、自分に合った勉強法で取り組んでみましょう。CCNAは、サーバーエンジニアに必要なネットワーク知識を身に付けるためのおすすめの資格です。

試験に合格することで、キャリアアップや転職活動にもプラスになるでしょう。

マイクロソフト認定資格

マイクロソフト認定資格は、マイクロソフト社が提供する技術者向けの資格です。

マイクロソフト製品や技術を活用して、企業のシステム構築や運用を行うために必要なスキルを身に付けられます。

サーバーエンジニアにとって、マイクロソフト製品を使いこなす力は大変重要ですので、この資格はおすすめです。

マイクロソフト認定資格にはいくつかのレベルがあります。

初級者向けの「マイクロソフト認定テクノロジースペシャリスト」から始め、中級者向けの「マイクロソフト認定ソリューションアソシエイト」、上級者向けの「マイクロソフト認定ソリューションエキスパート」まで、自分のスキルに合わせて選べます。

この資格を取得するメリットは、マイクロソフト製品の知識とスキルを証明できることです。

また、資格を持っていることで企業からの信頼も高まり、求人市場での競争力が向上します。

さらに、資格取得の過程で新しい技術を学べるため、自己成長にもつながります。

資格試験では、マイクロソフト製品の操作方法や機能、システム構築・運用に関する知識が問われるため、独学や専門スクールで学習を行います。

試験対策用の教材も充実しているので、自分に合った勉強法で取り組めます。マイクロソフト認定資格は、サーバーエンジニアに役立つ資格の一つです。

キャリアアップや転職活動にも有利になるため、ぜひチャレンジしてみてください。

サーバーエンジニアに必要なスキルと知識

サーバーエンジニアに必要なスキルと知識は、業務で求められる技術力を身に付けることが大切です。

サーバーエンジニアの仕事は幅広く、様々なシステムや技術が関わってきますので、基本的なスキルや知識をしっかりと把握しておくことが求められます。

具体的には、以下の3つの分野が重要なポイントとなります。

サーバーOSの知識

サーバーOSの知識は、サーバーエンジニアにとって重要な知識のひとつです。

サーバーOSは、サーバーを動かすための基本的なソフトウェアであり、サーバーの性能や安定性を左右します。

代表的なサーバーOSには、Windows ServerやLinuxがあります。

Windows Serverは、マイクロソフトが開発しているサーバーOSで、使いやすさや管理のしやすさが特徴です。

GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を採用しており、直感的に操作ができるため、初心者も扱いやすくなっています。

また、アプリケーションやデータベースの対応範囲が広いのも魅力です。

一方、LinuxはオープンソースのサーバーOSで、開発者が自由にカスタマイズや改良ができるため、世界中で多くの企業が利用しています。

Linuxは、安定性やセキュリティが非常に高く、多くのウェブサーバーやデータベースサーバーで利用されています。

コマンドライン操作(コンピューターを操作するためにコマンド(命令文)をテキストベースのインターフェースで入力して実行する方法)が主体ですが、慣れれば非常に柔軟にシステムを構築・運用できます。

サーバーエンジニアとして、これらのサーバーOSを理解し、それぞれの特徴や違いを把握しておくことが大切です。

また、OSごとの設定やトラブルシューティングも重要なスキルとなります。どちらのOSも独自の知識やスキルが必要ですので、幅広く学ぶことが求められます。

クラウドサーバーの知識

クラウドサーバーの知識も、サーバーエンジニアに必要なスキルのひとつです。

クラウドサーバーとはインターネット上にあるサーバーで、データやアプリケーションを保存・運用できるようにしたものです。

近年、企業が自社でサーバーを持つ代わりに、クラウドサーバーを利用するケースが増えています。

クラウドサーバーの利点として、初期費用が抑えられることや、必要なリソースに応じてスケールアップ・スケールダウンできる柔軟性があります。

また、遠隔地からでもアクセスしやすいため、働き方の変化にも対応できます。

主なクラウドサービスには、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)などがあります。

それぞれのサービスには独自の特徴や機能がありますので、サーバーエンジニアはこれらの違いを理解し、適切なサービスを選択する力が求められます。

クラウドサーバーの知識を身につけることで、企業のニーズに応じた最適なサーバー環境を提供できるようになります。

また、クラウドサービスに関する資格も多く存在しており、それらを取得することで、より幅広い知識と技術力を身につけられます。

将来性のある分野で、サーバーエンジニアとして活躍するために、クラウドサーバーの知識を学ぶことが重要です。

プログラミングスキル

サーバーエンジニアには、プログラミングスキルも必要です。

サーバーを操作するために、シェルスクリプトやPythonなどの言語を使うことがあります。

これらの言語を使えると、自動化や効率化が図れ、仕事がスムーズに進みます。

また、ウェブサーバーやデータベースサーバーなど、さまざまなサーバーと連携するアプリケーションの開発も行うことがありますので、プログラミングスキルは大変役立ちます。

初心者の方でも、プログラミング言語を学ぶ方法はたくさんあります。無料で学べる教材や、書籍、動画などを活用して学んでみましょう。

練習を重ねることで、自然にスキルが身に付きます。

サーバーエンジニアとして活躍するためには、プログラミングスキルも磨いておくことが大切です。ぜひ、積極的に学んでみてください。

サーバーエンジニアの将来性に迫る

サーバーエンジニアの将来性は、非常に明るいと言われています。

これは、インターネットがますます普及し、企業やサービスがデータを利用することが増えているためです。

サーバーは、データのやり取りや情報の保存を行うために必要不可欠な存在であり、それらを管理・運用するサーバーエンジニアは今後も引き続き需要があると考えられます。

また、クラウド技術の発展により、企業が自社でサーバーを持たずにクラウドサービスを利用するケースが増えています。

そのため、クラウドサーバーに関する知識を持つサーバーエンジニアは、ますます重要性が高まるでしょう。

さらに、セキュリティ対策もサーバーエンジニアの役割のひとつです。

サイバー攻撃や情報漏えいが増える中、企業は安全なサーバー運用を求めています。このような背景から、サーバーエンジニアは今後も安定した職種として期待されています。

ただし、技術の進歩は速いため、サーバーエンジニアとして活躍するためには、常に最新の知識やスキルを身に付けていくことが大切です。

自分自身を磨き続けることで、将来性のあるキャリアを築けるでしょう。

未経験からでもサーバーエンジニアになれるのか?

未経験からサーバーエンジニアになることは、十分可能です。しかし、努力や学習が必要となります。

まずは、基本的なサーバーの知識やスキルを身に付けることが大切です。インターネット上には無料の教材や情報がたくさんありますので、積極的に学びましょう。

次に、サーバーエンジニアに必要な資格を取得することをおすすめします。

LinuCやCCNA、マイクロソフト認定資格など、資格を持っていることで、就職や転職の際に有利になります。

資格取得に向けた勉強も、実践的な知識を身に付ける良い機会です。また、実際の仕事でスキルを磨くことが大切です。

最初は、未経験OKの求人やインターンシップを探して、実務経験を積むことを目指しましょう。経験を積むことで、自然にスキルが向上します。

独学や資格取得、実務経験を通じて、未経験からでもサーバーエンジニアになれます。

努力と根気が必要ですが、一歩ずつ進んでいくことで、未経験からでも素晴らしいサーバーエンジニアになれるでしょう。

サーバーエンジニアは需要のある職種

サーバーエンジニアは、サーバーの構築や保守・運用を行う職種で、専門的な知識やスキルが求められます。

しかし、努力次第で未経験からでもチャレンジできます。

LinuxCやCCNA、マイクロソフト認定資格など、資格取得が就職や転職の際に有利となります。

サーバーエンジニアには、サーバーOSやクラウドサーバーの知識、プログラミングスキルが必要です。

将来性は明るく、ITインフラの発展に伴い需要が高まるでしょう。

未経験からでも、独学や資格取得、実務経験を積むことでサーバーエンジニアになれます。

努力と根気が必要ですが、一歩ずつ進んでいくことで、未経験からでも素晴らしいサーバーエンジニアになれるでしょう。

最後に、年収や働きやすさなどを考慮し、自分に合った職種として選択することが大切です。

最新情報をチェックしよう!