システムエンジニア 仕事内容

システムエンジニア(SE)の仕事内容を徹底解剖!必要な能力もご紹介します

この記事の監修者
5789
橋本 琢王
CIRANUI株式会社代表取締役 2015年にエンジニアとしてのキャリアをスタートし、制作会社のWEBディレクター、ヘルスケアスタートアップのWEBエンジニア、事業会社のプロジェクトマネージャー・プロダクトマネージャーなど様々なプロジェクトに参画。 プロジェクトマネージャー、WEBディレクター、WEBエンジニアとしてのキャリアを築く。 プロジェクトに参画しながら、2016年にフリーランスチーム「FIREWORKS」を立ち上げ、フリーランスで活躍するエンジニアやデザイナーと共に、WEBブランディング、WEB開発を行う。 2021年に個人事業主から法人化をしてCIRANUI株式会社代表取締役に就任。

システムエンジニア(SE)は、情報システムの企画から開発、運用・保守まで幅広く関わる職種で、技術力を磨きながら社会や企業の課題解決に貢献するやりがいのある仕事です。

本記事では、システムエンジニアの仕事内容を徹底解剖し、必要な能力もご紹介します。

SEの業務範囲は多岐にわたり、要求分析・要件定義から設計、開発、テスト、運用・保守まで様々な工程があります。

また、SEには客先常駐型と社内SEという働き方の違いも存在し、それぞれの特徴や働き方についても触れていきます。

さらに、SEに必要な能力としてコミュニケーション能力、論理的思考力、マネジメント力などが挙げられますので、それぞれの重要性について解説します。

さらに、SEのキャリアアップに役立つ資格やスキルも紹介します。

基本情報技術者や応用情報技術者など、SEの仕事に役立つ資格が多く存在するため、どの資格を取得すべきか迷っている方にも役立つでしょう。

最後に、システムエンジニアとして働く魅力ややりがいについても触れていきます。

技術力を磨きながら、チームワークを大切にし、課題解決に貢献できるSEの仕事は、達成感や自己成長を実感できる職種です。

本記事を読んで、システムエンジニアの仕事内容と必要な能力を理解し、キャリアの参考にしてください。

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアは、情報システムの設計、開発、運用、保守などを担当する専門職です。

要件定義を始め、お客様のニーズを把握し、最適なシステム設計を行います。

次に、プログラミングを通じてシステムを実装し、テストを行って問題点を修正します。

システムが完成したら、運用・保守を行い、システムが円滑に稼働するようサポートします。

また、トラブル対応も重要な役割であり、システムに問題が発生した際に迅速かつ適切な対応を行う必要があります。

システムエンジニアは技術だけでなく、コミュニケーション能力も重要です。

お客様や他の開発メンバーと円滑に連携しながらプロジェクトを進めることが求められます。

要求分析・要件確認

要求分析・要件確認は、システムエンジニアがシステム開発の初期段階で行う重要なプロセスです。

まず、お客様とのヒアリングを通じて、システムが解決すべき課題やお客様のニーズを把握します。

次に、要件定義書を作成し、システムの機能や性能、制約条件などを明確化します。

この段階でしっかりと要件を確認し、お客様との認識のズレをなくすことが非常に重要です。

認識のズレがある場合、後に大きなトラブルに発展することがあります。

また、要求分析では、利用者の視点を大切にし、利用者が直面する問題やニーズを正確に理解することが求められるでしょう。

要求分析・要件確認が完了したら、システム設計に移ります。

ここでは、要件定義書を元にシステム全体の構造や各部分の機能を設計し、開発がスムーズに進むよう計画を立てていきます。

システムエンジニアは、要求分析・要件確認を適切に行い、開発プロセス全体の品質を向上させる役割を担っています。

要件定義

要件定義は、システム開発の基礎となる工程で、システムの目的や機能、性能などを明確に定める業務です。

要求分析・要件確認で得られた情報をもとに、システムが満たすべき条件を整理・まとめ、要件定義書を作成します。

要件定義の目的は、システム開発の方向性や範囲を明確化し、開発チームとお客様が共通の理解を持つことです。

要件定義書には、システムが実現すべき機能、性能、制約条件、品質要求、運用・保守要求などが記載されます。

要件定義を適切に行うためには、コミュニケーション能力が重要です。

お客様や利用者と円滑なコミュニケーションを行い、正確な情報収集と共有を行うことが求められます。

また、利用者の視点を大切にし、利用者のニーズや問題を的確に把握することも重要です。

要件定義が不十分な場合、開発後にシステムが求められる要求を満たせず、修正が必要になることがあります。

このような問題を避けるため、要件定義の段階で十分な検討と確認を行うことが、システム開発全体の品質向上につながります。

基本設計

基本設計は、システム開発プロセスの中で、要件定義に基づいてシステムの全体構成や主要な機能を設計する工程です。

基本設計の目的は、システム全体の枠組みを構築し、開発チームが共通の理解を持って開発作業に取り組めるようにすることです。

基本設計では、システムの機能構成やデータベース設計、ネットワーク構成など、システム全体を構成する要素を設計します。

また、システムが実現すべき性能や品質を満たすためのアーキテクチャや技術選定も行われます。

基本設計の成果物は、基本設計書としてまとめられます。

基本設計書には、システム全体の構成図、機能構成図、データベース設計図、ネットワーク構成図などが含まれるでしょう。

この書類は、詳細設計や実装、テストなどの後続の工程で参照されます。

基本設計を適切に行うためには、要件定義書の理解技術的な知識が求められます。

また、チームで協力して開発を進めるためのコミュニケーション能力も重要です。

基本設計が不十分な場合、開発中や運用時に問題が発生し、コストや工数が増大するリスクがあります。

そのため、基本設計の段階で十分な検討と確認を行うことが、システム開発全体の品質向上につながります。

詳細設計

詳細設計は、システム開発プロセスの一環で、基本設計が定めたシステム全体の枠組みをもとに、各機能やモジュールの詳細な仕様を設計する工程です。

詳細設計では、プログラムの詳細な動作や、データベースのテーブル構造、画面や帳票のレイアウトなどを具体的に設計します。

詳細設計の目的は、プログラマが実装作業に取り組むための指針を提供することです。

また、詳細設計は、後続のテストや保守作業の基準となるため、その精度がシステム開発全体の品質に大きく影響します。

詳細設計の成果物は、詳細設計書としてまとめられます。

詳細設計書には、プログラムの機能仕様、データベースのテーブル定義、画面や帳票のレイアウト図などが含まれるでしょう。

この書類は、実装やテスト、保守の各工程で参照されます。

詳細設計を適切に行うためには、基本設計書の理解プログラミング言語、データベースなどの技術知識が必要です。

また、詳細設計では、品質管理が重要であり、設計レビューなどを通じて、適切な設計が行われているかを確認することが求められます。

詳細設計が不十分な場合、開発中や運用時に問題が発生し、コストや工数が増大するリスクがあります。

そのため、詳細設計の段階で十分な検討と確認を行うことが、システム開発全体の品質向上につながるでしょう。

テスト

テストは、システム開発プロセスにおいて、開発されたシステムやソフトウェアが設計通りに機能し、要件を満たしているかを検証する工程です。

テストにより、システムに潜むバグや不具合を発見し、修正することで、品質の高いシステムを提供することができます。

テストは、大きくユニットテスト結合テストシステムテストの3つの段階に分けられます。

ユニットテストは、個々のプログラムやモジュールが正しく動作するかを確認するテストです。

結合テストでは、複数のモジュールが連携して正常に動作するかを検証します。システムテストは、システム全体が要件を満たしているかを評価する最終的なテストです。

テストを実施するにあたっては、テスト計画テストケースを作成します。

テスト計画では、テストの目的、範囲、スケジュール、責任者などを明確にし、テストケースでは、検証すべき項目や手順、期待される結果を具体的に記載していきます。

テストの実施後には、テスト結果報告書を作成し、テストの成果を評価しましょう。

テスト結果報告書には、テストの進捗状況、発見された問題点、修正内容などが記載されます。テストの結果をもとに、システムの改善や保守が行われます。

テストの重要性は、品質の高いシステムを提供するためには不可欠であり、品質管理やリスク低減に大きく寄与するでしょう。

したがって、適切なテストを行うことが、システム開発全体の成功に繋がります。

運用・保守

運用・保守は、システムエンジニアの仕事の一環であり、システムが稼働し始めた後に継続的に行われる作業です。

システムが安定して稼働し続け、ユーザーにとって効果的かつ効率的に利用できるようにすることが目的です。

運用・保守の主な業務は、監視問題解決改善提案、およびシステムのアップデートやアップグレードです。

監視では、システムの稼働状況やパフォーマンスをチェックし、問題が発生していないか確認します。

問題解決では、システムに発生した障害や不具合を素早く対処し、ユーザーへの影響を最小限に抑えましょう。

また、改善提案は、システムの運用状況を分析し、効率性や利便性の向上を目指して提案を行います。

システムのアップデート・アップグレードでは、新しい機能の追加やセキュリティ対策を行い、システムの安定性や性能を維持・向上させましょう。

運用・保守業務には、柔軟な対応力コミュニケーション能力が求められます。

システムエンジニアは、様々な問題に迅速かつ適切に対応する能力を持つことが必要です。

また、ユーザーや関連部門と円滑にコミュニケーションを取り、問題解決や改善提案を適切に伝えることが大切です。

運用・保守は、システムエンジニアにとって重要な役割であり、システムの長期的な成功に大きく寄与します

そのため、運用・保守業務を適切にこなすことが求められます。

客先常駐で働く場合もある

システムエンジニア 客先常駐

システムエンジニアには、客先常駐で働く場合もあるでしょう。

客先常駐とは、システム開発や保守運用のために、自社のオフィスではなく、クライアント企業のオフィスで働くことを指します。

この働き方は、プロジェクトが進行中の期間だけでなく、長期的に客先での勤務が求められることもあります。

客先常駐のメリットは、クライアントとのコミュニケーションが円滑に行えることや、現場のニーズや問題点に迅速に対応できることです。

一方で、デメリットとして、残業や休日出勤が増えることが挙げられます。

プロジェクトの締め切りが迫っている場合や、システム障害が発生した際には、対応が求められることがあるでしょう。

また、客先常駐のシステムエンジニアは、他部署や他企業の人間関係も構築しながら働かなければならず、コミュニケーション能力が求められます。

さらに、自社の社風や働き方とは異なる環境での適応力も必要とされます。

客先常駐で働くシステムエンジニアは、柔軟な対応力適応力コミュニケーション能力を磨くことが重要です。

また、自己管理能力を高め、仕事とプライベートのバランスを保ちながら働くことが求められます。

客先常駐での働き方は大変な面もありますが、幅広い経験を積むことができ、キャリアアップに繋がるでしょう。

社内SEという働き方

システムエンジニア 社内SE

システムエンジニアの中には、社内SEという働き方を選ぶ人もいるでしょう。

社内SEは、自社の情報システム部門で働くエンジニアであり、自社の業務システムの開発や運用、保守を担当します。

顧客と直接対応することは少なく、主に自社の業務改善や効率化を目的としたシステム開発に携わります。

社内SEのメリットは、安定した勤務形態であることや、自社の業務プロセスや業界知識を深く理解しながら働けることです。

また、顧客対応が少ないため、プレッシャーが比較的少ない環境で働くことができます。

ただし、社内SEはプロジェクトによっては、残業や休日出勤が発生することもあるでしょう。

システムの更新や障害対応が急を要する場合、状況に応じて対応が求められることがあります。

しかし、客先常駐のシステムエンジニアに比べると、勤務時間や仕事の負担はやや軽い傾向にあります。

社内SEは、自社の業務に特化したスキルを磨くことができますが、幅広い業界や技術に触れる機会は限られることもあるでしょう。

そのため、自主的に最新技術や他業界の動向を学ぶことが大切です。

社内SEとして働くことで、自社の業務を効率化し、企業の競争力向上に貢献できるエンジニアを目指しましょう。

システムエンジニアとして仕事をするにはどんな能力が必要?

システムエンジニア スキル

システムエンジニアとして働くためには、いくつかの能力が求められます。

まずは、プログラミングスキルが必須です。複数のプログラミング言語を習得し、柔軟に対応できることが望ましいです。

次に、論理的思考力が重要です。システム開発では、複雑な要件を整理し、効率的な解決策を提案することが求められます。

また、コミュニケーション能力も大切です。顧客やチームメンバーと円滑にコミュニケーションを取り、情報を正確に伝達することがプロジェクトの成功につながります。

さらに、問題解決能力も必要です。システム開発においては、予期せぬトラブルが発生することもあります。

その際、迅速かつ適切に対処し、プロジェクトを進める力が求められるでしょう。

最後に、学習意欲も重要です。IT業界は常に進化し続けるため、自分のスキルを継続的に向上させ、最新の技術や知識をキャッチアップする姿勢が不可欠です。

これらの能力を身につけることで、システムエンジニアとしてのキャリアを成功させることができるでしょう。

コミュニケーション能力

システムエンジニアにとって、コミュニケーション能力は極めて重要なスキルです。

開発チーム内での連携や顧客との折衝において、円滑なコミュニケーションが求められるでしょう。

まず、リスニング力が大切です。相手の話を正確に理解し、適切なフィードバックができることが求められます。

さらに、プレゼンテーション力も重要な要素で、自分の意見や提案をわかりやすく伝えることが必要です。

また、柔軟な思考力も大切です。

様々なバックグラウンドを持つ人々と協力してプロジェクトを進めるため、自分の考え方や意見に固執せず、相手の意見に耳を傾ける姿勢が重要となります。

さらに、チームワークが求められます。チーム内で役割分担を明確にし、お互いをサポートしながら効率的に仕事を進めることが大切です。

論理的思考力

システムエンジニアには、論理的思考力が求められます。

このスキルは、問題解決やプログラムの設計・開発において大変重要な要素です。

まず、問題を明確化し、適切な解決策を見つけるために、情報を整理し、複雑な状況をシンプルに分析する能力が必要です。

次に、効率的なアプローチを選ぶことで、リソースを最適に活用し、プロジェクトをスムーズに進めることができます。

また、プログラムの設計・開発においても、論理的思考力は不可欠です。

アルゴリズムやデータ構造を適切に選択し、効率的で柔軟なシステムを構築するためには、論理的な思考が欠かせません。

さらに、デバッグ時にも、問題の原因を追求し、適切な修正を行うために、論理的思考力が必要とされます。

このように、システムエンジニアの業務において、論理的思考力は重要な役割を果たすでしょう。

マネジメント力

システムエンジニアに必要な能力の一つとして、マネジメント力が挙げられます。

これは、プロジェクトの進行状況を把握し、リソースを適切に配分し、スケジュール管理やコスト管理を行う力です。

特に、リーダーやプロジェクトマネージャーとして働く場合、この能力は不可欠です。

チームメンバーの能力や役割を理解し、彼らが最も効果的に働けるようにタスクを割り振ります。

さらに、プロジェクトの目標に対する進捗状況を把握し、遅れや問題が生じた場合は迅速に対処しましょう。

また、コミュニケーション能力も重要で、チームメンバーや関連部門と連携し、円滑な情報共有を行うことが求められます。

この他にも、リスク管理品質管理を行うことで、プロジェクトの成功に向けた適切な判断を行う能力もマネジメント力に含まれます。

マネジメント力を磨くことで、システムエンジニアとしてプロジェクトを円滑に遂行し、成功に導くことができるでしょう。

システムエンジニアの仕事に役立つ資格

システムエンジニア 資格

システムエンジニアに役立つ資格は多数ありますが、ここでは主要なものを紹介します。

基本情報技術者試験(FE)は、IT業界での基本的な知識とスキルを評価する資格です。

これを取得することで、IT業界への入門に有利になるでしょう。

また、応用情報技術者試験(AP)は、より高度なITスキルと知識が評価される資格で、システムエンジニアに適した内容が含まれています。

さらに、システムアーキテクト試験(SA)は、システムエンジニアとして高い技術力と戦略的な視点を持っていることが証明されます。

ネットワークに関する資格としては、ネットワークスペシャリスト(CCNA)があり、ネットワーク構築や運用のスキルを証明できるでしょう。

基本情報技術者

基本情報技術者試験(FE)は、IT業界で働くための基本的な知識とスキルを評価する国家資格です。

試験は午前と午後の2部構成で、午前試験では基本的な情報技術に関する知識が、午後試験では実務に必要な技術を問われます。

基本情報技術者試験は、システムエンジニアを始めとするIT関連職への就職や転職において、エントリーレベルのスキルを証明する目安となります。

また、企業の採用担当者にとっても、基本情報技術者試験を取得していることは、応募者が一定のIT知識やスキルを持っていることの証明となり、選考過程で有利に働くことがあるでしょう。

さらに、基本情報技術者試験を取得することで、自己学習の定着を確認できるだけでなく、学んだ知識を実務で活用する基盤を築くことができます。

システムエンジニアとして働く上で、基本情報技術者試験はスキルの向上やキャリア形成に役立つ資格と言えるでしょう。

応用情報技術者

応用情報技術者試験(AP)は、基本情報技術者試験をさらにステップアップした国家資格で、IT業界での実務経験者を対象としています。

試験は午前と午後の2部構成で、午前試験では基本情報技術者試験で問われる知識のさらなる深化が、午後試験では実務に即した高度な技術や知識が問われます。

応用情報技術者試験を取得することで、システムエンジニアとして高度なITスキルや知識を持っていることを証明できるでしょう。

また、企業の採用担当者にとっても、応用情報技術者試験を取得していることは、応募者が実務経験を有し、高い技術力を持っていることの証明となり、選考過程で有利に働くことがあります。

さらに、応用情報技術者試験は、システムエンジニアのキャリアアップにも役立ちます。

取得することで、プロジェクトマネージャーやチームリーダーへの昇格が期待できるだけでなく、専門性が高いプロジェクトに携わるチャンスも広がるでしょう。

システムエンジニアとしてのキャリアを更に伸ばすために、応用情報技術者試験の取得はとても有益です。

システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験(SA)は、IT業界での実務経験者を対象とした国家資格で、システム設計や開発における高度な知識と技術を評価する試験です。

試験は一般情報技術と専門分野の2部構成で、システム開発の全体像を把握する能力や専門分野における深い知識が問われます。

システムエンジニアとしてシステムアーキテクト試験を取得することで、システム全体の設計や構築に関する高度なスキルを持っていることを証明できます。

この資格は、システムエンジニアがアーキテクトへのキャリアステップを目指すために必要な資格であり、企業の採用担当者にとっても、該当するスキルを有することが明確になるため、選考過程で有利に働くことがあるでしょう。

さらに、システムアーキテクト試験を取得することで、プロジェクトの中心的役割を担うことが期待でき、専門性が高いプロジェクトに携わるチャンスも広がります。

システムエンジニアとしてのキャリアをさらに発展させるために、システムアーキテクト試験の取得は大変有益です。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリスト(NW)は、ネットワーク技術に関する国家資格で、ネットワーク構築や運用、管理に必要な知識と技術を評価する試験です。

試験は基礎知識、応用知識、実技対策の3部構成で、ネットワークに関する幅広い知識が問われます。

システムエンジニアにとって、ネットワークスペシャリスト資格はネットワークに関する専門知識を証明するために非常に有益です。

インターネットや社内ネットワークが重要なインフラとなっている現代では、システムエンジニアはネットワークに関わる問題に対処できる能力が求められます。

ネットワークスペシャリスト資格を取得することで、システムエンジニアはネットワーク設計や運用管理における信頼性をアピールでき、さらに多様な案件に携わる機会が増えます。

また、求職活動においても、この資格を持っていることで採用担当者に対して自身のスキルを証明できるため、有利に働くことがあるでしょう。

システムエンジニアはやりがいのある仕事

システムエンジニア(SE)は、多様な業務に携わりながら技術力を磨くことができるやりがいのある仕事です。

SEは新しい技術やツールを学ぶ機会が豊富で、それらを活用してプロジェクトに取り組むことでスキルアップが可能です。

また、システム開発のプロセスにおいて企画から運用・保守まで幅広く関わることができます。

システムエンジニアが開発するシステムが社会や企業の課題解決に貢献することも、やりがいを感じるポイントです。

自らが開発したシステムが実際に役立っている様子を見ることで、達成感や自己成長を実感できます。

また、プロジェクトにはさまざまな職種のメンバーが参加するため、チームワークを大切にしたコミュニケーションが求められることもやりがいの一つです。

プロジェクトメンバーと協力しながら、共同で目標に向かって取り組む経験は、自身の成長にも繋がります。

システムエンジニアは、技術力を磨きながら社会や企業の課題解決に貢献し、チームワークを大切にするやりがいのある仕事です。

システムエンジニア 仕事内容
最新情報をチェックしよう!