ITコンサルタントとは?仕事内容やスキル・資格から将来性まで徹底解説

この記事の監修者
5789
橋本 琢王
CIRANUI株式会社代表取締役 2015年にエンジニアとしてのキャリアをスタートし、制作会社のWEBディレクター、ヘルスケアスタートアップのWEBエンジニア、事業会社のプロジェクトマネージャー・プロダクトマネージャーなど様々なプロジェクトに参画。 プロジェクトマネージャー、WEBディレクター、WEBエンジニアとしてのキャリアを築く。 プロジェクトに参画しながら、2016年にフリーランスチーム「FIREWORKS」を立ち上げ、フリーランスで活躍するエンジニアやデザイナーと共に、WEBブランディング、WEB開発を行う。 2021年に個人事業主から法人化をしてCIRANUI株式会社代表取締役に就任。

システムエンジニアからのキャリアアップ先として、ITコンサルタントは選択肢の一つです。

高いスキルが求められる職種なので、転職までのハードルは決して低くありません。

しかし、IT業界は全体的に人手不足の傾向であり、ITコンサルタントも企業から高い採用ニーズがあるので、しっかりと対策すれば転職は決して不可能ではないでしょう。

さて、ITコンサルタントと聞くと、なんとなく「年収が高そう」「ITを使って企業の課題解決を行う仕事」といった、漠然としたイメージがあると思いますが、その仕事内容は具体的にどのようなものなのでしょうか?

この記事では、ITコンサルタントへの転職に興味がある方に向け、ITコンサルタントの仕事内容から、必要なスキル・将来性などについて解説していきます。

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントとは、分かりやすく言えば「IT技術を活用して、企業の経営課題を解決する専門家」です。

近年、DX(デジタルトランスフォーメーション)が推進される中、経営戦略にITを取り入れる企業が増えてきました。

ITコンサルタントは、企業の経営戦略に沿ってIT戦略を策定し、ITシステム開発の提案や、既存システムの最適化を通じて、企業の経営課題を解決することが主な仕事となります。

そのため、ITコンサルタントはIT関連の高度な知識に加えて、経営に関する知識など多種多様なスキルが求められる職種です。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの最終的な目標は、「ITを活用した企業の経営課題の解決」です。

クライアントのニーズから現状の課題を洗い出し、最適な解決策を提案、その後のプロジェクト進行をマネジメントする必要があり、業務内容も多岐に渡ります。

ここでは、ITコンサルタントの主な仕事内容について以下の3つをご紹介します。

ヒアリング・分析

クライアント企業の経営者やIT責任者から、企業経営に関わる問題点・業務範囲・業務フローなどをヒアリングし、解決するべき課題をまとめます。

ヒアリングを通じて、クライアントの現状や抱えている課題、成果物の期待値など、プロジェクトを進めるに当たって必要な情報を引き出すことが重要です。

その後は、クライアントからヒアリングした内容はもちろんのこと、クライアントの業界や業種、市場動向を踏まえて課題を分析し、クライアント企業の課題解決策を検討します。

提案

分析した結果から、新システムの導入や既存システムの最適化など、企業の課題を解決するための提案を実施します。

クライアントに対し、現在の課題は何か、なぜこの方法なら課題を解決することができるのかを分かりやすく伝える必要があるため、クライアントに提案するための資料作成や、プレゼンを行う際により伝わりやすい構成を考えることも、ITコンサルタントの仕事になります。

マネジメント

クライアントに提案後、合意した解決策はプロジェクトとして円滑に進めていく必要があるため、ITコンサルタントはプロジェクトの全体的なマネジメントを行います。

具体的には、プロジェクトに適した人材の選出・チームビルディング、プロジェクトの進捗状況の全体的な管理、成果物の品質管理などが挙げられます。

適切なマネジメントを行っていくことで、プロジェクトを成功へと導くことがITコンサルタントの重要な使命の一つです。

ITコンサルタントに必要なスキル

ITコンサルタントには、ITスキルはもちろんのこと、ビジネスに関するあらゆるスキルが高いレベルで求められます。

システムエンジニアにもITスキルやビジネススキルは必要ですが、ITコンサルタントとエンジニアでは、必要なスキルの視点が違うことがあります。

ここでは、ITコンサルタントとして必要なスキルについて解説していきます。

ITの実用的なスキル

ITコンサルタントはITの設計開発プロセスに関する業務知識や、ITの知識を持つ必要があります。

しかし、持つべき知識の内容はエンジニアとは異なります。

エンジニアは、クライアントから提示された要件に従ってITシステムを導入・開発する為、ITの実装面のスキルが必要です。

それに対してITコンサルタントは、経営課題を解決するにあたり、以下のようなスキルが必要となります。

  • 解決手段としてのITに何ができて何ができないか
  • 導入コストはどれくらいか?
  • ITを使うことで他のリスクはないか?

このように、様々な側面からITの最適な利用を見極めるスキルが必要となります。

コミュニケーションスキル

ITコンサルタントは、クライアント企業の経営層とのヒアリングや提案、プロジェクトの実行といった、全ての業務フローにおいて他者とのコミュニケーションが必須となります。

経営層と現場エンジニアの間に入り、多方向の意見を取り入れながら課題解決の為の戦略を練ったり、プロジェクトチーム内の作業進捗を正確に把握し適切な管理を行う為にも、他者との円滑なコミュニケーションを図るスキルは必要不可欠です。

マネジメントスキル

ITコンサルタントがクライアントに提案した解決策を推し進めるにあたって必要なことは、プロジェクト全体の統括とマネジメントです。

例えば、プロジェクトに参画するメンバーの業務管理や、作業進捗の管理、成果物の品質管理など、様々な管理業務を同時並行で行う必要があります。

様々なスキルを持った多くのメンバーとプロジェクトを進めていく必要があるので、ITコンサルタントにとってマネジメントスキルは必須です。

ITコンサルタントの年収

ITコンサルタントの平均年収は512万円です。

日本国内の民間企業で働く給与取得者の平均年収が443万円であるため、ITコンサルタントの給与は比較的高いといえます。 (参照:国税庁 令和3年分 民間給与実態統計調査))

ITコンサルタントは経営に直接関わる仕事であり、ITや経営に関する高いスキルが要求される職業の為、他の職種に比べて高い収入が設定されている傾向にあります。

また、ITコンサルタントの年収は個人の能力次第で変動する点も大きな特徴です。

大企業や外資系に勤めるITコンサルタントや、フリーランスで独立している方では年収1000万を超えるケースも珍しくありません。

ITコンサルタントになる方法

IT関連・経営に関する知識が高いレベルで求められるITコンサルタントにはどのようなキャリアパスを歩めばなることができるのでしょうか?

ここでは、未経験・システムエンジニア・異業種からの転職の観点で、ITコンサルタントになる為に必要なこと、気を付けておきたいことについてご紹介します。

未経験からの転職

専門性の高い職種であるITコンサルタントですが、未経験からでも転職は可能です。

ITコンサルタントにおいても、応募者本人の潜在能力を考慮した採用である「ポテンシャル採用」は存在します。

例えば、IT業界未経験でもITの難関資格を取得することで、ITコンサルタントになろうとする意欲を評価してもらえる可能性があります。

また、ITコンサルタントは業務上、クライアントと会話する機会が多い為、コミュニケーション能力や、課題を分析する際の論理的思考が必要不可欠です。

未経験の場合でも、面接時の質問に対して論理的に話すことを意識すると、基本的なコミュニケーション能力や論理的思考を持っていることを面接官にアピールできます。

ただし、ポテンシャルを評価されるのは「第二新卒」までである点については注意しましょう。

システムエンジニアからの転職

システムエンジニアからの転職の場合は、開発プロセスにおける業務知識や、IT関連の知識などは、自身の経験からアピールすることができるでしょう。

しかし、ITコンサルタントとして求められている能力はシステムエンジニアの一般的な経験とは少し異なるため、ITの知識だけでは不十分です。

ITコンサルタントは、「ITを利用してクライアントの課題を解決すること」が本質となるため、面接では「自発的にクライアントの問題解決を行ってきたこと」をアピールする必要があります。

システムエンジニアとしての業務経験から、クライアントの問題解決に関わった実績などがあれば最適です。

また、ITコンサルタントは、様々なスキルを持った人材と協力して円滑にプロジェクトを推進していく必要があります。

プロジェクトマネージャーやリーダーとしてマネジメントに関わってきた経験があれば、大きな評価ポイントとなるでしょう。

異業種からの転職

様々な企業でDXが推進されている状況下において、異業種からのITコンサルタントへの転職も増加しています。

ITコンサルタントは、ITの知識だけではなく、携わる企業の業務関連の知識や市場動向についても押さえておく必要があります。

異業種での経験において、製造業や金融関係、飲食サービス業などの業界の仕組みや業務知識があれば、クライアントの課題分析に役立てることができるので、全面的にアピールしましょう。

ただし、IT関連の転職者と比べるとITの知識は不足している可能性があるので、転職前に最新技術について十分に学習し、ITコンサルタントになったあとでも継続的に学習していくことが大切です。

ITコンサルタントに役立つ資格

ITコンサルタントになるために取得が必須である資格はありません。

しかし、最適な解決策として提案できるだけのIT知識を保有している証明ができ、転職時にも有利に働くため、資格は取っておいて損はないでしょう。

ITコンサルタントとして役立つ資格はいくつかありますが、ここでは3つご紹介します。

ITコーディネーター

ITコーディネーターは、経営者の立場から、経営に役立つIT利用の推進・支援を行い、IT経営を実現するプロであることを証明できる民間資格です。

取得すれば、経営戦略や、IT立案の企画などに関する知識を有していることを証明することができます。

経営戦略からIT戦略、IT導入から運用まで一連の行程を体系的に学ぶことができるため、それらの行程に関わるITコンサルタントにとって役立つ資格となります。

中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対して診断・助言などのコンサルタント業務を実施できる国家資格です。

主に企業の成長戦略の策定について、具体的な経営計画を立て、その後の経営環境の変化を踏まえた支援を行う役割を担っています。

ITコンサルタントも、ITを利用した経営課題の解決を最終目標としていますので、企業経営に関する知識は、クライアント企業の課題を特定する為に必要な力です。

ITストラテジスト

ITストラテジストは、経済産業省所管の「情報処理技術者試験」で実施されている国家資格の一つです。

企業の経営戦略に基づいて、情報技術を活用して事業を改革・高度化・最適化する為の基本戦略を策定・提案・推進するものを認定する資格です。

毎年の合格率は15%前後と難関資格となっていますが、取得すればIT戦略立案の専門家として高いスキルを有していることを証明することができます。

ITコンサルタントのキャリアパスと将来性

2000年代にインターネットが普及し始めたことを考えると、ITコンサルタントという仕事は比較的新しい職種といえます。

そのため、ITコンサルタントという仕事の将来性や、数年後のキャリアパスについて不安に思う方もいるのではないでしょうか?

ここでは、ITコンサルタントのキャリアパスと将来性について解説していきます。

キャリアパス

ITコンサルタントには多くのキャリアパスがありますが、ここでは以下2つをご紹介します。

1つ目は、所属企業内での出世です。

ITコンサルタントとしてキャリアを始めたばかりは、情報収集や資料作成などの業務を行うケースが多いですが、経験を積んでいくことで、管理職へのステップアップが可能です。

管理系の業務も担当するため責任は増えますが、やりがいや高収入が望める点においては魅力的な部分も多いでしょう。

2つ目はキャリアアップの為の転職です。

ITコンサルタントとして経験・習得したスキルを活かして、他コンサルティングファームへと転職することもできます。

コンサルティングの経験があるので、シンクタンク系や財務系、外資系といったようなIT系以外への転職も可能です。

将来性

結論として、ITコンサルタントの将来性は非常に高いといえるでしょう。

多くの企業はDXを導入することで、経営をITの力で変革していくことを重要視しています。

例えば、既存システムの最適化、生産性の向上や、これまで実現が難しかったサービスをIT技術を用いて可能にするといったものです。

経済産業省も、2025年までにビジネスに関わる既存システムにおいて刷新し、DXを実現することを宣言しています。

そのため、IT分野で経営課題の解決を専門としているITコンサルタントは、多くの企業で求められているため、将来性は高いと考えてよいでしょう。

ITコンサルタントは価値の高い仕事

本記事ではITコンサルタントの仕事内容、必要とするスキル・資格、将来性などについて解説しました。

企業のDX化が加速する中、ITを利活用して経営に応用できるITコンサルタントは必要不可欠の存在となってきました。

企業経営に関わる仕事の為、多くの知識・経験や責任も伴いますが、その分やり遂げた達成感を得ることができますし、キャリアアップ次第では年収1000万を超えることも夢ではありません。

システムエンジニアのみならず、未経験や異業種からの転職も増加傾向にあるほど需要のある職種なので、ITコンサルタントを目指す価値は大いにあるでしょう。

最新情報をチェックしよう!