Swiftエンジニアは稼げない?リアルな年収や気になる需要を一挙公開!

Swiftエンジニアは稼げない?リアルな年収や気になる需要を一挙公開!

2014年にApple社が開発し、世界中のエンジニアに愛されている「Swift」

聞いたことはあるけれど、「Swiftって具体的にどんな言語なの?」「Swiftエンジニアの将来性が気になる」「Swiftエンジニアは稼げないって聞いたけど本当?」といった疑問や悩みを抱えているあなたに向けた記事になります。

本記事では大きく分けて6つのテーマについて紹介します。

  • Swiftの特徴
  • Swiftエンジニアの仕事内容
  • Swiftエンジニアの平均年収
  • Swiftエンジニアの将来性
  • Swiftの勉強方法
  • Swiftエンジニアの求人例

最後まで読めば、Swiftエンジニアに対する理解が深まり、未経験からSwiftエンジニアを目指す方法が分かります。

Swiftってどんな言語?

Swiftってどんな言語?

Swiftは2014年にApple社が開発したプログラミング言語です。

iOS・Linuxを開発対象のOSとしており、iPhone・Mac・Apple TV・Apple WatchといったApple製品のWebアプリ開発が可能です。

Swiftはオープンソースとして公開されているため、誰でも画期的なWebアプリを作ることが出来ます。

ビジネスSNS「LinkedIn(リンクトイン)」・外国語が学べる「Duolingo(デュオリンゴ)」・クラウドファンディングサイト「Kickstarter(キックスターター)」がSwiftで開発されたWebアプリの一例です。

また、Swiftの由来である「迅速・アマツバメ」の名の通り、Swiftで開発されたWebアプリは動作が速いといった特徴があります。

Swiftで検索アルゴリズムを開発した場合、Objective-Cの最大2.6倍、Python2.7の最大8.4倍の速さでWebアプリが動作します。
参考:Swift – Apple(日本)

Objective-Cとは?

Objective-Cとは1983年にブラッド・コックスとトム・ラブらによって作られたC言語ベースのプログラミング言語です。

Swiftが誕生する前までは、Objective-CがApple製品のWebアプリを開発する言語として主流でした。

また、SwiftとObjective-Cは互換性があるため、SwiftとObjective-C間でAPI共有したり、Objective-CのライブラリをSwiftにインポートしたりと、混在させながらの開発が可能です。

React Nativeとは?

React NativeとはFaceBook社が開発した、クラスプラットフォームのWebアプリ開発用フレームワークです。

React NativeはJavaScriptで開発されているので、JavaScriptのコードを書けばiOS・Android両方のアプリ制作が可能になります。

iOSやAndroidのアプリ開発では、Apple PayやGoogle Payなどの機能を使用するためにネイティブAPIにアクセスする必要があります。

しかし、JavaScriptではネイティブAPIにアクセスできません。

その時に必要となるのがネイティブモジュールです。

ネイティブモジュールを利用するとSwiftやObjective-C、JavaやC#のコードを呼び出せます。

コードを呼び出すことでJavaScriptでは利用できないiOSやAndroidのAPIが使用できるようになり、JavaScriptでもネイティブ機能が使用可能になります。

Webアプリ開発でReact Nativeを採用している企業も多いので、この機会に覚えておきましょう。

SwiftとObjective-Cの違いって?

SwiftとObjective-Cの大きな違いは「処理速度」「コードの記述しやすさ」「習得難易度」です。

処理速度はSwiftが優れています。

前述した通り同じ条件下でWebアプリを開発した場合、SwiftはObjective-Cの2.6倍の速さで処理が可能です。

だからと言って、Objective-Cの処理能力が劣っているわけではありません。

Objective-Cはソースコードを一括で機械語に変換するコンパイラ言語のため、1行ずつ機械語に変換するインタプリタ言語よりも高速な処理を実現できます。

コードが記述しやすいのもSwiftです。

Objective-Cは他のプログラミング言語に比べて文法や書き方が独特で、プログラミング経験者でも扱いにくい言語でした。

そこで、初心者でも書きやすくて読みやすい言語として開発されたのがSwiftなのです。

SwiftはPHPやRubyのようにシンプルな構文で、直感的にプログラムを組めます。

ですので、習得難易度もSwiftのほうが低く、初心者におすすめしたい言語になります。

一方のObjective-Cは、C言語を使ったことがあるなら身につきやすい言語です。

しかし、プログラミング経験がなくC言語の知識もない状態だと、ベースとなるC言語の特徴を押さえてからObjective-Cを学ぶことになるので、習得に相当な時間がかかるでしょう。

Swiftエンジニアの仕事内容

Swiftエンジニアの仕事内容

Swiftエンジニアはどういった仕事を担当することが多いのでしょうか?

ここでは実際に掲載されている求人をもとに、3つの仕事内容について紹介します。

iOSアプリ開発

Swiftが最も使われているのはiOSアプリ開発です。

Swift誕生後に開発されたiOSアプリは、ほとんどがSwiftで作られています。

indeedに掲載されている求人を見てみると、iOSアプリ開発に関する求人が多数見つかりました。

それだけiOSアプリの需要が高いことが分かります。

Swiftエンジニアの求人例1

Swiftエンジニアの求人例4

Swiftエンジニアの求人例5

参考:indeed

ゲーム開発

iOSアプリの一部になりますが、Swiftはゲームアプリ開発も得意な分野です。

実際の求人を見てみると企画から詳細設計、開発・テスト・運用保守までトータルで作業を任してもらえる案件が多く見受けられました。

Swiftエンジニアの求人例3

参考:求人ボックス

システム開発

iOSアプリと比較すると案件数は少ないものの、システム開発もSwiftエンジニアの仕事です。

Swiftのスキル以外にもJava、Objective-Cなど他のプログラミング言語や、AWS・Linuxといった開発環境を使用する場合があります。

Swiftエンジニアの求人例5

参考:indeed

Swiftエンジニアの平均年収はどれぐらい?

Swiftエンジニアの平均年収はどれぐらい?

Swiftエンジニアの平均年収を会社員とフリーランスに分けてお伝えします。

結論からお伝えすると、フリーランスの方が会社員よりも稼ぎやすくなります。

その分、フリーランスの方が企業から求められるスキルのレベルが高くなるため、初心者は会社員として経験を積んでからフリーランスとして独立したほうが成功しやすくなります。

それでは具体的な年収を見ていきましょう。

会社員の場合

求人ボックスで「Swift エンジニア」と検索してみると、平均年収は598万円だと分かります。

Swiftエンジニアの年収グラフ

参考:求人ボックス

日本全体の平均年収は433万円なので、会社員でも高収入を得られるのがSwiftエンジニアの魅力です。

しかし、グラフを見て分かる通り給与幅は300万以下〜1200万円以上と幅広くなっています。

さらに、1,000万円以上稼いでいるエンジニアはあまり多くないのが分かります。

フリーランスの場合

フリーランス向け求人を多数扱っているフリーランススタートによると、Swiftエンジニアの月額平均単価は73.7万円だと分かります。

年収に換算すると約900万円です。

swiftエンジニアの年収グラフ(フリーランス)

参考:フリーランススタート

会社員の平均年収と比べると約2倍もの差があります。

さらに、月額最高単価は160万円となっており年収だと約2,000万円です。

もちろん、フリーランスになったからといって最初から年収1,000万円以上稼げるわけではありません。

しかし「Swiftのライブラリやフレームワークが使用できる」「iOSアプリ開発経験3年以上」「プロジェクトマネジャー経験あり」といった多彩な経験やスキルがあれば、高収入を目指せるでしょう。

Swiftエンジニアの将来性と需要は高い?

Swiftエンジニアの将来性と需要

Swiftエンジニアの将来性は高く、今後も需要を伸ばしていくでしょう。

日本国内におけるスマホのOS別シェア率はiOSが67.42%(2021年12月時点)となっており、Androidを上回っています。

シェア率拡大に伴い、iOS向けの新しいWebアプリが続々とリリースされています。

また、Webアプリだけでなく、WebサーバーやシステムもSwiftで開発可能です。

Swiftで開発できる領域が広がっているため、今後もSwiftを採用した案件が増えてくることが予想されます。

ただし、SwiftはApple製品向けの言語なので汎用性が乏しいといったデメリットがあります。

SwiftでAndroid向けのWebアプリを開発することは出来ません。

ですので、Apple製品のシェア率が低くなれば必然的にSwiftでのWebアプリ開発は減少していきます。

Swiftエンジニアとして働く場合は最新動向に目を向けつつ、必要があればSwift以外のプログラミング言語を学ぶ必要があることを念頭に置いておきましょう。
参考:iPhoneシェア率が多い?日本と世界のスマホ市場を調査【2022年6月】

未経験からSwiftエンジニアに転職できる?

未経験からSwiftエンジニアに転職できる?

残念ながら、プログラミング経験がまったくない未経験者がSwiftエンジニアに転職するのは非常に難しいと言えます。

未経験者を募集している企業はあるものの母数は少なく、都内に集中しています。

ですので、地方に住んでいる方は未経験向けの案件を探すのに苦労するでしょう。

また、企業が求めているのは即戦力として働いてくれるエンジニアです。

そのため、応募条件として「開発経験◯年」「◯◯を使った開発経験者のみ」といった実績ありきの求人が大半を占めています。

未経験者はまず、Swiftの学習から始めましょう。

勉強方法は次項で紹介する「Swiftの勉強方法」を参考にしてみてください。

Swiftを一通り学んだらWebアプリを何種類か開発し、ご自身のポートフォリオ(作品集)としてまとめておいてください。

未経験者を募っている企業でも、応募者がSwiftのスキルを身につけているかチェックします。その時に必要なのがポートフォリオです。

他の応募者と差別化を図るためにも、Swiftの勉強と並行してポートフォリオ作りにも専念してみてください。

Swiftの勉強方法

Swiftの勉強方法

Swiftを効率よく学ぶ方法として下記4つを紹介します。

  • Swift Playgroundsを活用する
  • 書籍で学ぶ
  • 動画で学ぶ
  • プログラミングスクールに通う

それぞれ特色が異なるので、自分に合った勉強方法を取り入れてみてください。

Swift Playgroundsを活用する

Swift PlaygroundsはApple社が提供している学習アプリです。

コーディング知識がなくても学べるようになっているので、初心者でも安心して利用できます。

パズルを解きながら基礎文法を学んだ後に応用問題にステップアップしていく流れなので、楽しみながら学べるのも魅力的です。

注意点として、Swift Playgroundsを使用できる端末はiPadとMacのみです。

iPadかMacどちらも所有していない場合は、後ほどお伝えする書籍や動画、もしくはプログラミングスクールでの勉強をおすすめします。

書籍で学ぶ

Swiftは誕生してからまだ数年しか経っていないため、ネット上の情報はあまり多くはありません。

書籍は必要な情報が1冊に集約されているので、情報収集する手間が省けます。

書籍を選ぶポイントは「自分のレベルにあった本を選ぶ」「活字が苦手な場合は図や表が多く使われている本を選ぶ」の2点です。

書籍によって特徴はバラバラなので、中身をしっかり確認してから購入するようにしましょう。

動画で学ぶ

「隙間時間に勉強したい」「文字ばかりだとなかなか頭に入ってこない」なら、動画を活用した勉強方法が向いています。

特におすすめしたいのが、オンライン学習プラットフォームとして有名なUdemyです。

UdemyにはSwiftに関する講座が多数公開されています。動画を見ながら実際にコーディングを進めれば、知識が頭に残りやすくなります。

プログラミングスクールに通う

「独学に自信がなく途中で挫折してしまいそう」とお悩みなら、プログラミングスクールの利用を検討してみてください。

プロ講師に相談できる環境が整っているので、分からないことが出てきてもすぐに解決出来ます。

一人で悩み続ける時間が短縮でき、効率的に勉強が進められるのもスクール活用のメリットです。

また、多くのプログラミングスクールでは転職支援を行なっています。

求人紹介はもちろん、ポートフォリオ添削や面接対策など、トータルでサポートしてくれます。

独学に比べると費用はかかりますが、金額以上の恩恵を受けられるのがプログラミングスクールです。

スクールによって金額や通い方、カリキュラムなどが変わってくるので、ご自身の希望にあったスクールをぜひ探してみてください。

実際にSwiftエンジニアの求人を見てみよう!

実際にSwiftエンジニアの求人を見てみよう!

求人サイトに掲載されているSwiftエンジニアの求人を、会社員とフリーランス向け求人をそれぞれ紹介します。

まずは会社員向けの求人です。

例)Swiftエンジニア(正社員)

年収 450〜800万円
業務内容 コミュニケーションアプリ開発(自社のWebアプリ)
開発環境 Swift / Amazon EC2・ECS ・S3 / iOS
Amazon / DynamoDB / Docker / GitHub
必須スキル Swiftでの開発経験
尚可スキル ・Objective-Cでの開発経験
・ソフトウェア開発経験3年以上
・Git等を利用したチーム開発経験

参考:indeed

求人数は多くありませんが、未経験可の求人もあります。

例)【未経験採用】Web/アプリエンジニア(正社員)

年収 280〜324万円
業務内容 自社アプリやWebコンテンツに携わりながら開発ノウハウを経験。
対カスタマー向けエンターテイメント企業案件を中心に、大規模案件に従事。
開発環境 Swift / MacBookPro / VSCode / Docker / Git /Xcode /AndroidStudio 
求める人材 自ら学習する意欲、姿勢のある方
必須要件 ・短期学習スクール等でプログラミング学習の経験がある人
・プログラミングを独学で勉強していた人

参考:indeed

未経験者は熱意や意欲といったポテンシャルが重視される傾向が強いので、スクールや独学で学んだことをアピールできるように準備しておきましょう。

次はフリーランス向けの求人です。

例)【業務委託】iOS(Swift)オンラインサロン事業におけるエンジニア

年収 840〜1,200万円
業務内容 オンラインサロンに特化したプラットフォーム開発
必須スキル ・iOSアプリ(Swift)開発経験
・iOS標準ライブラリ・フレームワークに関する理解
尚可スキル ・チーム開発経験
・品質を担保するためのテスト設計
・アーキテクチャを導入し、継続して改善した経験
・アプリ開発環境の構築経験
・ゼロからプロダクトを設計/開発した経験(個人開発可)
・プロダクトをリプレイスした経験/知識
・事業課題解決を見据えた技術選定の経験/知識
・分析し定量データを元に改善アクションに繋げた経験
・iOS以外の知識(ReactNative, PHP)
・スクラム開発経験

参考:indeed

上記の求人を見て分かる通り、フリーランスのSwiftエンジニアは年収が高い分、求められるスキルや経験も多くなります。

まとめ

Swiftの特徴やSwiftエンジニアの年収、将来性などをお伝えしました。

Swiftは2014年にApple社が開発した比較的新しいプログラミング言語です。

Objective-Cに代わるApple社のプログラミング言語として、Apple製品向けのWebアプリ開発には欠かせない存在となっています。

また、WebアプリだけでなくWebサーバーやシステムにもSwiftは使われており、幅広い分野で採用されています。

一方でSwift開発の需要は高まっているものの、人材供給が追いついていません。

ですので、今からSwiftを学習し経験を積み重ねてスキルを磨いていけば高収入が得られるでしょう。

もし、Apple製品のWebアプリ開発に興味をお持ちなら、Swiftエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか?

Swiftエンジニアは稼げない?リアルな年収や気になる需要を一挙公開!
最新情報をチェックしよう!