組み込みエンジニアとは

組み込みエンジニアとは?仕事内容から年収、将来性まで徹底解説

この記事の監修者
5789
橋本 琢王
CIRANUI株式会社代表取締役 2015年にエンジニアとしてのキャリアをスタートし、制作会社のWEBディレクター、ヘルスケアスタートアップのWEBエンジニア、事業会社のプロジェクトマネージャー・プロダクトマネージャーなど様々なプロジェクトに参画。 プロジェクトマネージャー、WEBディレクター、WEBエンジニアとしてのキャリアを築く。 プロジェクトに参画しながら、2016年にフリーランスチーム「FIREWORKS」を立ち上げ、フリーランスで活躍するエンジニアやデザイナーと共に、WEBブランディング、WEB開発を行う。 2021年に個人事業主から法人化をしてCIRANUI株式会社代表取締役に就任。

組み込みエンジニアはIoT(Internet of Things)が進む現代では必要不可欠な存在となっています。

自動車や家電、医療機器などに多くのシステムが組み込まれているのはもはや当たり前の状況です。

自動車であれば自動運転、家電であればセンサー付きの掃除機など、組み込みエンジニアは一般家庭のあらゆるところで活躍する機器に携わっています。

本記事では、そんな組み込みエンジニアの概要について、詳しくご紹介しています。

組み込みエンジニアに興味があるのであれば、ぜひ参考にしてください。

組み込みエンジニアはどんな職種?

組み込みエンジニアとは

組み込みエンジニアは、さまざまな製品に搭載される組み込みシステムの開発を担当する専門職です。

家電製品、自動車、産業機器など、現代社会の多くのデバイスに組み込まれているシステムを設計・開発・評価する役割を担います。

組み込みシステムは、ハードウェアとソフトウェアが密接に連携して動作するため、組み込みエンジニアはハードウェアとソフトウェアの両面にわたる知識と技術力が求められます。

具体的な仕事内容としては、要件定義設計・実装テスト・評価などがあります。

プロジェクトや組織によって担当範囲が異なることもあるでしょう。

また、組み込みエンジニアは、リアルタイム性省エネルギーといった要素を考慮しながら、限られたリソースの中で最適なシステムを実現するための工夫が求められます。

組み込みシステムは、IoT技術の発展や自動運転技術の進化など、今後もますます重要性が増していく分野であるため、組み込みエンジニアの需要は高まることが予想されます。

このような背景から、組み込みエンジニアは、現代社会を支える技術者としての役割を果たしているといえる。

組み込みエンジニアの仕事内容

組み込みエンジニア 仕事内容

組み込みエンジニアの仕事内容は、要件定義設計・実装テスト・評価などがあります。

要件定義では、システムの目的や機能、性能を明確にするために、顧客や関係者とのコミュニケーションが重要です。

設計・実装では、要件をもとにハードウェアとソフトウェアの設計を行い、プログラミングや回路設計を実施します。

テスト・評価では、実装されたシステムが要件に沿って正しく動作するか検証し、問題があれば修正を行います。

これらの業務を通じて、組み込みシステムの開発を担当するでしょう。

製品の企画

製品の企画は、アイデア出しから市場に出すまでのプロセスを包括的に管理する業務です。

まず、市場調査を行い、ターゲットとなる顧客のニーズや競合製品を分析していきます。

その上で、製品コンセプトを明確にし、製品の特徴や価格帯を決定します。

次に、プロトタイプ開発が行われ、製品のデザインや機能を試作品で確認しプロトタイプの改善と評価を繰り返し、製品の品質や性能を向上させます。

その後、製造計画を立案し、生産ラインや供給チェーンを整備します。

最後に、マーケティング戦略を策定し、製品の販売チャネルやプロモーション活動を計画します。

さらに、販売後のサポート体制も整備し、顧客満足度を高めるための対策を実施するでしょう。

製品企画は、多岐にわたる業務を綿密に組み立て、チームワークを重視して進めることが求められる分野です。

市場の変化に柔軟に対応し、顧客のニーズを的確に捉えることで、より良い製品の開発が可能となります。

設計

設計は、製品やシステムの構造や機能を具体化する過程で、開発プロジェクトにおいて非常に重要な役割を担います。

まず要件定義を行い、製品やシステムが達成すべき目標や機能を明確にします。

次に、基本設計を行い、大まかな構成や機能を決定します。

さらに、詳細設計では、各部品や回路、ソフトウェアの仕様を具体的に定めます。

この段階で、製品の性能やコスト、信頼性などのバランスを考慮しながら、最適な設計を選択します。

また、設計変更管理が重要であり、変更履歴を管理して品質を維持しましょう。

設計には、機能性だけでなく、使いやすさやデザイン性も重視されます。

そのため、エンジニアは顧客のニーズを理解し、新たな技術やデザインに柔軟に対応する能力が求められるでしょう。

最後に、設計を元に実装が行われ、評価や検証を通じて設計が適切であったかどうかを決定づけるため、正確で効率的なプロセスが重要となります。

開発・テスト

開発・テストは、設計された製品やシステムを実際に構築し、機能や性能を確認するフェーズです。

開発では、ハードウェアの製造やソフトウェアのプログラミングが行われ、設計通りの仕様が実現されます。テスト段階では、開発された製品やシステムが正しく機能するか、性能が適切かを検証します。

これには、単体テスト結合テストシステムテストなど、いくつかのテスト種類があります。

各テストは、異なる観点から製品やシステムの品質を評価します。

テストでは、バグや欠陥を見つけ出し、修正を行います。

また、顧客のニーズに応えるため、適切なテストケースを設計し、網羅的な検証が行われることが求められるでしょう。

開発・テストの進行中、リスク管理や進捗管理も重要な要素となります。

予期せぬ問題や遅延が発生した場合、適切な対応が求められます。

最終的に、開発・テストを行うことで、品質の高い製品やシステムが実現されることにつながります。

保守・運用

保守・運用は、製品やシステムが正常に機能し続けることを確保するためのプロセスです。

これには、障害対応定期的なメンテナンス性能監視システムアップデートなどが含まれます。

障害対応は、システムに異常が発生した場合の対応策を立てることです。

エンジニアは、問題の原因を迅速に特定し、効果的な修正を行うことが求められます。

また、予防策を考慮し、同様の問題が再発しないよう対策を講じます。

定期的なメンテナンスは、システムの性能を維持し、予期せぬトラブルを防ぐために行います。

ここには、ハードウェアの交換ソフトウェアの更新などが含まれます。

性能監視は、システムの動作状況をリアルタイムで監視し、性能低下や障害の兆候を早期に発見することが目的です。

適切な監視ツールを利用し、問題が発生する前に対策を講じます。

システムアップデートでは、新機能の追加やセキュリティパッチの適用など、システムを最新の状態に保ちます。

これにより、顧客満足度の向上やセキュリティリスクの低減が図られます。

保守・運用は、製品やシステムの寿命を延ばし、最大限のパフォーマンスを発揮させるために不可欠なプロセスです。

組み込みエンジニアはやめとけと言われる理由

組み込みエンジニア やめとけ

組み込みエンジニアは、様々な理由で「やめとけ」と言われることがありますが、その背景には厳しい労働環境専門性の高さなどが挙げられます。

しかし、この職種を目指すこと自体は悪くないと言えます。

まず、過酷な労働環境が一つの理由です。

開発期間が限られており、納期に間に合わせるために長時間労働や休日出勤が常態化している場合があります。

労働環境は企業によって異なるため、働きやすい環境を見つけることが重要です。

また、専門性の高さも問題とされることがあります。

組み込みエンジニアは、ハードウェアやソフトウェアに精通し、プログラミング言語やプロトコルなど幅広い知識が求められます。

しかし、継続的な学習によりスキルを磨くことで、専門家としての地位を築くことができます。

さらに、給与面での不安も指摘されることがあります。

経験が浅い内は給与が低く、労働時間に見合った報酬が得られないと感じることもあるかもしれません。

しかし、スキルや経験を積むことで、高い年収を得られる可能性もあるでしょう。

組み込みエンジニアは確かに厳しい面もありますが、やりがいのある仕事です。

様々なデバイスやシステムの開発に携わり、社会に貢献することができるので、自分のキャリアに自信を持てるでしょう。

組み込みエンジニアの年収

組み込みエンジニア 年収

組み込みエンジニアの年収は、経験やスキル、勤務地、企業規模などによって大きく変わります。

一般的に、経験が浅いうちは年収が低い傾向にあります。

しかし、キャリアを積むことで高い年収を得られます。

新卒入社の場合、平均的な年収は400万円前後とされています。

しかし、経験を積むことで、5年目には600万円前後、10年目には800万円前後になることもあるでしょう。

さらに、専門性が高く需要がある分野で働くことで、1000万円以上の年収を得ることも可能です。

また、勤務地によっても年収が異なります。

都市部では高い給与が支払われることが多いですが、一方で生活費も高くなるため、地方の企業で働くことを検討する価値もあります。

さらに、企業規模も年収に関係している大企業では安定した年収が得られることが多いです。

ベンチャー企業や中小企業では成果に応じた報酬制度が導入されていることもあり、実力次第で高い年収を得ることができるかもしれません。

組み込みエンジニアの年収には個人差が大きいため、自分に合ったキャリアパスを見つけることが重要です。

経験やスキルを積むことで、将来的には高い年収を得られる可能性もあるため、努力を続けることが大切でしょう。

組み込みエンジニアにおすすめの資格

組み込みエンジニア 資格

組み込みエンジニアにおすすめの資格は、基本情報・応用情報技術者試験ETEC(組み込み技術者認定試験)およびエンベデットシステムスペシャリストです。

これらの資格を取得することで、組み込みエンジニアとしての知識と技術を証明し、キャリアアップにつながります。

基本情報・応用情報技術者試験は、IT業界で広く認知されており、基礎的なコンピュータ関連の知識を証明できます。

一方、ETECは、組み込みシステム開発に関する専門知識を評価する試験で、業界での信用度が高い資格です。

最後に、エンベデットシステムスペシャリストは、組み込みシステムに特化した技術力を証明する資格で、専門性が高く評価されます。

これらの資格を取得することで、組み込みエンジニアとしてのスキルを高め、市場価値を向上させることができます。

基本情報・応用情報技術者試験

基本情報技術者試験応用情報技術者試験は、IT業界で広く認知された資格で、コンピューターシステムやネットワーク、プログラミングなどの基礎知識を評価します。

基本情報技術者試験は、情報技術の基本知識が出題される試験であり、初心者に適した資格です。

一方、応用情報技術者試験は、より高度な知識やスキルが求められる試験で、実務経験がある方に向いています。

組み込みエンジニアにとって、これらの資格は専門知識の証明となり、自身のスキルや能力を客観的に示すことができるでしょう。

また、就職・転職活動で有利に働くことが期待できます。

組み込みシステムの開発では、基本情報・応用情報技術者試験で得られる知識は、プロジェクト全体を理解し、効果的な開発を進めるために非常に重要です。

資格取得だけでなく、実務経験やスキルを向上させ、組み込みエンジニアとしての価値を高めましょう。

ETEC

ETEC(組込み技術者認定試験)は、組み込みシステム開発に関する知識や技術を評価する資格試験です。

この試験は、ハードウェア、ソフトウェア、システム設計など、組み込み開発に関連する幅広い領域をカバーしており、組み込みシステム開発に特化した資格として位置づけられています。

組み込みエンジニアにとって、ETECは専門性の証明となり、自身のスキルや能力を客観的に示すことができます。

組み込みエンジニアは、ハードウェアとソフトウェアが密接に連携するシステムを扱うため、ETECで評価される知識や技術は、開発を進めるために非常に重要です。

また、ETECは組み込み開発に特化した資格であるため、就職・転職活動でのアピールポイントとしても活用できるでしょう。

この資格を持つことで、組み込み開発に関する専門知識を有していることをアピールできるため、組み込みエンジニアとしてより高く評価されます。

資格取得だけでなく、実務経験やスキルを向上させ、組み込みエンジニアとしての価値を高めましょう。

エンベデットシステムスペシャリスト

エンベデットシステムスペシャリストは、組み込みシステム開発において、ハードウェアとソフトウェアの両面からの専門知識を持つエンジニアを認定する資格です。

この資格は、組み込みシステム開発の幅広い知識と技術を証明するものであり、取得者は組み込みシステム開発のエキスパートとみなされます。

組み込みエンジニアにとって、エンベデットシステムスペシャリスト資格は、専門性と実践力を証明するための重要な手段です。

組み込みシステムは、産業機器や自動車、家電製品など様々な分野で利用されており、専門性が求められる職種であるため、この資格を持つことで自身のスキルをアピールできるでしょう。

また、エンベデットシステムスペシャリストは、市場価値の向上キャリアアップにも繋がります。

この資格を取得することで、組み込みエンジニアとしての専門性が認められ、より高度なプロジェクトに携わる機会が増えるでしょう。

資格取得だけでなく、実務経験やスキルを向上させ、組み込みエンジニアとしての価値を高めましょう。

組み込みエンジニアに必要なスキル・知識

組み込みエンジニア スキル

組み込みエンジニアに必要なスキル・知識は多岐にわたりますが、まずプログラミング言語の習得が不可欠です。

C/C++やPythonなど、組み込み開発に適した言語を身につけましょう。

さらに、ソフトウェア・ハードウェア知識も重要で、組み込みシステム開発ではハードウェアとソフトウェアの連携が求められます。

具体的には、マイクロコントローラやデジタル・アナログ回路の知識が必要となります。

また、コンピュータ関連の知識も不可欠です。

オペレーティングシステムやネットワーク、データベースなどの基礎知識を理解しておくことが求められるでしょう。

これらのスキル・知識を総合的に活用し、効率的で信頼性の高い組み込みシステムを開発する能力が、優れた組み込みエンジニアに求められる要素となります。

プログラミング言語

組み込みエンジニアにおいて、プログラミング言語のスキル・知識は非常に重要です。

まずは、組み込みシステム開発でよく使用されるC/C++やPythonなどの言語を習得することが求められるでしょう。

これらの言語は、リソース制約のある環境でも効率的に動作し、ハードウェアとの親和性が高いため、組み込み開発に適しています。

また、リアルタイム性を考慮したプログラミング技術や、マルチタスクや割り込み処理を理解しておくことも大切です。

さらに、コードの品質にも注意を払い、可読性や保守性の高いコードを書くように心掛けましょう。

プログラミング言語に関連する知識だけでなく、デバッグスキルも重要です。

問題の特定や解決に役立つデバッグツールや手法を使用することで、開発が効率的になります。

これらのスキル・知識を身に付け、組み込みエンジニアとしての専門性を高めることが、成功への鍵となります。

ソフトウェア・ハードウェア知識

組み込みエンジニアとして、ソフトウェア・ハードウェアの両方の知識が求められるでしょう。

ソフトウェア面では、オペレーティングシステム(OS)ファームウェアの理解が重要です。

また組み込みシステム開発において役立つRTOS(リアルタイムオペレーティングシステム)などの概念を把握しておくべきです。

一方で、ハードウェア面では、マイクロコントローラデジタル・アナログ回路などの基本的な知識が必要です。

また、センサーやアクチュエータの仕組みや、通信規格(I2C、SPIなど)についても理解しておくことが望ましいです。

ソフトウェアとハードウェアの両面に精通することで、問題の原因を迅速に特定し、効率的な解決策を提案できるようになります。

これらの知識があることで、組み込みエンジニアの価値を大幅に向上させ、業務の幅を広げることができます。

常に最新の技術動向に目を向け、幅広い知識を身につけることが重要です。

コンピュータ関連の知識

組み込みエンジニアには、コンピュータ関連の知識も不可欠です。これには、コンピュータアーキテクチャデータ構造・アルゴリズムなどの基本的な概念が含まれます。

また、ネットワーク技術データベース管理に関する知識も重要です。

具体的には、組み込みシステム開発において、メモリ管理プロセッサの動作原理を理解することで、効率的でパフォーマンスが高いシステムを設計・開発することができます。

また、通信プロトコルセキュリティの知識も、組み込みデバイスがネットワークに接続される現代では欠かせません。

さらに、開発プロセスにおけるプロジェクト管理手法バージョン管理システム(Gitなど)の利用法も、効率的なチームでの開発に役立ちます。

これらのコンピュータ関連の知識を習得することは、組み込みエンジニアとしてのスキルを高め、より幅広い分野で活躍できるようになるでしょう。

組み込みエンジニアの将来性について

組み込みエンジニア 将来性

組み込みエンジニアの将来性には、IoT(インターネット・オブ・シングス)やAI(人工知能)など、急速に進化するテクノロジーの普及が大きな影響を与えています。

これらの技術が広がることで、組み込みシステムの需要が増加し、組み込みエンジニアの求人も増えることが予想されるでしょう。

特に、自動運転車スマートシティの実現に向けた取り組みが進む中で、組み込みエンジニアは重要な役割を担います。

また、医療機器スマート家電の分野でも、組み込み技術が求められることが多く、エンジニアの活躍の場は広がり続けています。

さらに、国際標準セキュリティ対策の重要性が高まる中、組み込みエンジニアはこれらの分野でも専門知識を持つことが求められるでしょう。

そのため、継続的なスキルアップが必要ですが、それによってより高い付加価値を提供できるようになります。

このように、組み込みエンジニアの将来性は明るいと言えますが、競争も激化することが予想されるため、専門知識とスキルの向上に努めることが重要です。

経験や資格を積み重ねることで、市場価値を高め、多様な分野で活躍することが可能となるでしょう。

組み込みエンジニアに向いている人

組み込みエンジニア 向いている人

組み込みエンジニアに向いている人には、いくつかの特徴があります。

まず、モノづくりが好きな人は、組み込みシステムの設計や開発に興味を持ちやすく、やりがいを感じることができるでしょう。

また、新しいサービスや技術に触れたい人にも向いています。組み込みエンジニアは、IoTやAIなどの最先端技術を取り入れた製品開発に携わる機会が多いため、常に新しい知識を学ぶ刺激があるでしょう。

さらに、組み込みシステムの開発では、細かい作業や複雑な問題解決が求められることが多いです。

そのため、慎重に作業ができる人や、細部に気を配れる人が向いています。

こうした特性を持つ人は、組み込みエンジニアとして成功しやすいといえるでしょう。

モノづくりが好きな人

モノづくりが好きな人は、組み込みエンジニアに向いていると言われる理由がいくつかあります。

まず、組み込みエンジニアは、物理的なデバイスに搭載されるソフトウェアを開発する仕事です。

モノづくりが好きな人は、具体的な製品やシステムを作る過程に魅力を感じるため、組み込みエンジニアの仕事にやりがいを感じやすいでしょう。

また、モノづくりが好きな人は、創造力や独創性が豊かであり、新しいアイデアを生み出す能力があると言われています。

組み込みエンジニアは、新しい技術やアプローチを取り入れることが求められるため、このような能力を持つ人は適性が高いと言えるでしょう。

さらに、モノづくりが好きな人は、細部にこだわり、完成度を追求する姿勢を持っていることが多いです。

組み込みエンジニアの仕事では、製品の品質や安全性が重要視されるため、こうした姿勢が求められます。

モノづくりが好きな人が組み込みエンジニアになることで、自身の得意分野を活かし、高品質な製品開発に貢献できるでしょう。

新しいサービスに触れたい人

新しいサービスに触れたい人は、組み込みエンジニアに向いているといえます。

組み込みエンジニアは、IoTデバイスや自動運転技術など、新しい技術やサービスを生み出す業界で活躍するため、新しいサービスに触れる機会がたくさんあります。

このような環境は、新しい技術に対する好奇心が強い人にとって刺激的であり、成長の機会が豊富です。

また、新しいサービスに触れることは、組み込みエンジニアにとってスキルアップや市場価値の向上に繋がるでしょう。

新しいサービスや技術が次々と登場する現代社会では、既存の知識や技術だけではなく、新しい知識や技術も習得することが求められるため、新しいサービスに触れる機会を大切にする姿勢が重要です。

さらに、新しいサービスに触れたい人は、異なる分野や業界との協力を通じて、新たな価値を生み出すことができます。

組み込みエンジニアは、異なる業界と連携して新しいサービスを開発することが多いため、異分野との協力に対する興味や能力がある人は、組み込みエンジニアに適性があると言えるでしょう。

慎重に作業できる人

慎重に作業できる人は、組み込みエンジニアに向いているとされます。

組み込みエンジニアは、ハードウェアとソフトウェアが密接に関連するシステムを扱うため、細部に注意を払い、正確な作業が求められます

慎重に作業できる人は、ミスの少ない開発ができることから、プロジェクトの成功率を高めることができるでしょう。

また、組み込みシステムは、自動車や航空機などの安全性に関わる分野でも使用されています。

ミスが重大な結果を招く可能性があるため、慎重さが特に重要視されます。

慎重に作業できる人は、安全性が重要なシステムの開発に適性があると言えるでしょう。

さらに、慎重な作業を行うことで、開発工程の効率化が図られることもあります。

慎重に作業することで、後から修正が必要となるバグや問題点を減らすことができ、開発期間やコストを削減することができます。

このように、慎重に作業できる人は、組み込みエンジニアとして高いパフォーマンスを発揮できると期待されるでしょう。

組み込みエンジニアは需要のある職種

組み込みエンジニアとは

組み込みエンジニアは、需要の高い職種であり、今後もその需要は続くでしょう。

組み込みシステムは、自動車、航空機、家電製品、医療機器など、多くの産業分野で利用されているため、組み込みエンジニアのスキルは高く評価されます。

また、IoTやAI技術の発展に伴い、組み込みシステムがさらに重要視されることが予想されます。

さらに、組み込みエンジニアは、ハードウェアとソフトウェアの両方に精通しているため、幅広い技術知識が求められるプロジェクトにも対応できます。

このため、組み込みエンジニアは、多様な業界での需要があり、将来性が期待される職種です。

本記事では、組み込みエンジニアの職務内容、年収、おすすめの資格、必要なスキル・知識、将来性、適性などについて説明しました。

組み込みエンジニアは、技術革新が進む現代社会で、需要が増え続ける職種として注目されており、経験やスキルを磨くことで、多くのチャンスが得られるでしょう。

組み込みエンジニアとは
最新情報をチェックしよう!