Webデザイナーにおすすめの転職サイト・エージェント10選!活用方法についても解説

この記事の監修者
5789
橋本 琢王
CIRANUI株式会社代表取締役 2015年にエンジニアとしてのキャリアをスタートし、制作会社のWEBディレクター、ヘルスケアスタートアップのWEBエンジニア、事業会社のプロジェクトマネージャー・プロダクトマネージャーなど様々なプロジェクトに参画。 プロジェクトマネージャー、WEBディレクター、WEBエンジニアとしてのキャリアを築く。 プロジェクトに参画しながら、2016年にフリーランスチーム「FIREWORKS」を立ち上げ、フリーランスで活躍するエンジニアやデザイナーと共に、WEBブランディング、WEB開発を行う。 2021年に個人事業主から法人化をしてCIRANUI株式会社代表取締役に就任。

手に職がつけられることから、未経験からWebデザイナーを目指す方も増えてきています。

Webデザインのスキルを身につけたとしても、良い企業に就職できるとは限りません。

Webデザイナーを募集する企業は多くありますが、その中から自分に合った企業を見つけることは困難です。

転職サイトやエージェントを利用することで、転職が有利に進められます。

自分では調べられなかった企業とマッチングできたり、希望の年収で企業を探してもらうことができるからです。

Webデザイナーに転職する場合、転職サイトやエージェントによって成功するかどうかが決まると言っても過言ではありません。

今回は、Webデザイナーに転職する際に使用したい転職サイトを厳選して、10選紹介します。

Webデザイナー転職におすすめ!転職サイト・エージェントの比較一覧表

Webデザイナーに転職するなら、こちらの転職サイトやエージェントがおすすめです。

それぞれの特徴を見比べながら、自分に合った転職サイトやエージェントを見つけてみてください。

転職サイト一覧

サイト名 特徴 サポート内容
リクナビNEXT 企業と利用者双方から信頼が厚く、会員数は1000万人以上。幅広い求人企業がある。 スカウト機能により、企業からオファーがくることも。自分の強みが診断できるグッドポイント診断がある。
Green IT業界に特化している。特にベンチャー企業やスタートアップ企業の求人が多い。 レコメンド機能により、似た条件の企業を見ることができる。スカウト機能も利用可能。
デザインのお仕事 クリエイティブ職に特化している。会員登録不要で利用できる。 就職サポートは受けることができないため、他のサイトと併用するのがおすすめ。

転職エージェント一覧

サイト名 特徴 サポート内容
Geekly IT専門の転職エージェントであり、非公開求人や独自案件も保有している。 担当者は、ITに特化したキャリアコンサルタント。

業界を熟知しているため、希望に沿った企業を紹介してもらえる。

マイナビクリエイター クリエイティブ専門の転職エージェント。

サポート実績も豊富で、履歴書や職務経歴書を無料で作成できるサービスもある。

面接対策だけでなく、ポートフォリオ作成支援も行っている。企業紹介では、数多く紹介するのではなく、その人に合わせて厳選して紹介してくれる。
レバテッククリエイター フリーランスや業務委託向けのエージェント。

福利厚生パッケージを利用できる。

専門のアドバイザーが丁寧にヒアリングを行ってくれる。経験に応じて高単価の案件も紹介してもらえる。
doda 転職サイト・エージェントをどちらも利用できる。

全国に拠点があるため、地方の転職にも強い。

積極的に求人を紹介してもらえるため、スピーディに転職先が決まりやすい。職務経歴書の作成や面接対策も行ってくれる。
リクルートエージェント 保有している求人数と成約実績が国内最大級。

リクルートのブランドから、企業とのパイプもあり、交渉に強い。

面接対策や職務経歴書の添削だけでなく、有益な転職情報がまとめられたエージェントレポートによるサポートもついている。
ワークポート スピード感を持った転職が実現できる。

未経験者向けの求人も多数保有している。

対応がスピーディで、多数の求人を紹介してもらえるため、希望の転職先も見つかりやすい。面接対策や転職支援ツールが利用できる。
Webist Web業界専門の転職エージェント。求人の雇用形態が幅広いため、自分に合った働き方を希望できる。 応募書類の作成サポートや面接対策も行っている。また、クリエイター同士の交流会も開催されている。

未経験者におすすめな転職サイト3選

ここでは、未経験者でも使える転職サイトを3つ紹介します。

おすすめの転職サイトは以下の3つです。

  • リクナビNEXT
  • Green
  • デザインのお仕事

それぞれの転職サイトの特徴を詳しく解説していきます。

どれも未経験者向けの求人が多い転職サイトです。もしまだ登録していないサイトがあれば、早速使ってみると良いでしょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、会員数1000万人以上、求人数9万件以上を保有し、利用者・企業双方から高い評価を得ている転職サイトです。

また、求人企業の業種も幅広く、さまざまな企業の規模や業種が掲載されており、Web系の求人も多くなっています。

さらに、企業からのアプローチがあります。そのため、広く情報を集めつつ、自分の市場価値を知ることができるでしょう。

  • より多くの企業の情報を得たい
  • 自分の市場価値がどのくらいか知りたい
  • 企業からのスカウトを受けたい

といった人におすすめの転職サイトです。

Green

Greenは、IT業界に特化した転職サイトです。エンジニアやWebディレクターだけでなく、Webデザイナーの求人も多く掲載しています。

スタートアップやベンチャー企業の求人を中心に取り扱っており、このような企業は関東圏に集中しているため、関東での求人が多めです。

未経験者歓迎の求人だけでなく、経験者向けの求人も多いため、キャリアアップを目指している人にもおすすめです。

また、応募をする前に企業とカジュアル面談ができるサービスもあります。

カジュアル面談を通して、面接前に企業の雰囲気を知ることができるため、ミスマッチを防ぐことができます。

  • Web業界の経験がある
  • スタートアップやベンチャー企業に転職したい

といった方におすすめです。

デザインのお仕事

デザインのお仕事は、クリエイティブ関連の求人に特化している転職サイトです。

そのため、職種をクリエイティブ関連に絞っている人におすすめです。

また、デザインのお仕事では、未経験者や第二新卒向けの求人も多数掲載されています。

初めて転職を検討する方や、これからWebデザイナーを目指す方でも安心して利用することができますよ。

多くの転職サイトでは使う前に個人情報の登録が必須ですが、デザインのお仕事には登録制度がありません。

そのため、気軽にアクセスして求人に応募することができます。

  • クリエイティブ職につきたい
  • 初めてWebデザイナーに転職する
  • 会員登録などの煩わしい作業を省きたい

といった方におすすめです。

未経験者におすすめな転職エージェント7選

Geekly

Geeklyは、IT業界を専門とする転職エージェントです。

非公開求人や独自案件もあるため、ここでしか見つけられない求人も多数掲載されています。特に一都三県の求人が多めです。

GeeklyのキャリアコンサルタントはIT業界に精通しており、かなり高い評価を受けています。転職エージェントランキングで1位を獲得していることからも、レベルの高さが伺えますよね。

業界の最新の動向を踏まえてその人に合わせた求人を紹介してくれるため、相性の良い求人を紹介してくれます。さらに、Geeklyは、履歴書や経歴書の添削指導のサービスも行っています。内定が出るまで手厚いサポートを受けられるため、安心して転職活動を行うことができるでしょう。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、クリエイティブ専門のエージェントです。

就職・転職サポート実績が豊富なことに加え、求人数も多く、信頼できる転職エージェントといえるでしょう。

マイナビクリエイターでは、IT業界に精通したキャリアコンサルタントと二人三脚で転職活動を進めていきます。

担当のキャリアコンサルタントが丁寧にヒアリングし、自分に合った企業を紹介してくれますよ。

また、マイナビクリエイターには、転職に役立つさまざまなツールや機能もあります。

例えば、ポートフォリオサービスのMATCHBOXです。MATCHBOXは、ポートフォリオに必要な情報を集めて入力するだけでポートフォリオが作成できるサービスです。マイナビクリエイターでは、MATCHBOXを無料で利用できます。

さらに、オファー機能を使うことで、あなたに興味を持った企業からスカウトが来るかもしれません。

このように、自分に合った企業とマッチできるよう、転職活動を支援するサービスが充実しています。

レバテッククリエイター

レバテッククリエイターは、主にフリーランスや業務委託向けのエージェントです。

クリエイティブ職に特化しており、案件の種類も豊富に扱っています。

案件数は業界最大級で、フリーランスとして活動していきたいと考えている人は登録しておきたいサービスです。対象がフリーランスや業務委託ということもあって、高額な案件も多いです。

また、福利厚生もサポートしてもらえることも特徴の一つといえるでしょう。

レバテッククリエイターでは、レバテックケアという福利厚生パッケージがあります。

レバテックケアは、税務サポートや案件サポートも受けられるサービスのことです。こういったサポートを利用したい方にはおすすめのサービスといえます。

doda

dodaは、転職サイト・エージェント・スカウトサービスと転職において一連のサービスがあります。そのため、転職サイト・エージェントの両方が利用できます。転職サポートも充実度も高いです。

それだけでなく、国内トップレベルの求人数を保有しており、積極的に求人の提案を受けたい人に向いているサービスといえます。

また、他の転職エージェントと比較して、地方転職にも強いサービスです。

dodaは全国に拠点があるため、対応エリアが広くなっています。

しかし、dudaではスピード感を持った転職をしたい人向けのサービスとなっていますので、未経験の方は他サービスと併用すると良いでしょう。

ある程度社会人経験を積んだ方におすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、保有している求人数と転職制約実績が国内最大級の転職エージェントです。

リクルートは、今までに45万人以上の転職者をサポートしてきた実績があります。これらのデータをもとにして、転職者の志向に合った企業を紹介することができます。また、企業からのスカウトを受けられます。

求人の量だけでなく質も高いため、実績が豊富で信頼できるエージェントを利用したいという方におすすめです。

さらに、長年転職者をサポートしてきた実績から、企業も信頼を置いています。そのため、リクルートエージェントは企業への条件交渉に強いといった特徴があります。

ワークポート

ワークポートは、とにかく転職までのスピードが早いことが特徴です。

担当コンシェルジュの対応が早く、サポートや転職支援ツールも充実しているため、急ぎの転職に向いています。

求人を積極的に紹介してくれる傾向があり、短期間で転職先が決まる人が多いようです。

また、経験者向けの求人だけでなく、未経験者向けの求人も豊富にあるため、社会人経験が浅い20代の方にもおすすめです。

IT・Web業界の転職に強く、実務未経験者を対象とした求人も多数掲載されています。

「未経験だけど転職先を早く見つけたい」といった方におすすめのサービスといえるでしょう。

Webist

Webistは、Web業界に特化した転職エージェントです。

クリエイティブ職・Webデザイナーの求人を多数保有しており、Web業界に転職したい人におすすめです。また、Webistの特徴として、20代を中心に未経験転職も積極的に支援していることが挙げられます。

転職エージェントは、経験者へのサービスに長けているものも多いですが、Webistは未経験からの転職者にも手厚くサポートも行っています。

東京の求人が多めで、雇用形態も幅広く扱っているため、自分の希望に沿ったワークスタイルを実現したい方におすすめのサービスです。

業界未経験からWebデザイナーへの転職は可能?

もちろん、未経験からWebデザイナーへの転職は簡単ではありません。しかし、しっかりとスキルを身につけ、自分の良さをアピールできれば可能です。

その理由としては、

  • スキルを習得する場が増えている
  • 市場や需要がなくなっていない

が挙げられます。

今ではスクールや動画など、以前と比較してWebデザインを学べる教材が充実してきました。完全未経験でも、基礎から実践まで勉強する環境が整っていますよね。

また、WebサービスやWebアプリを開発する際にWebデザインは必要になってくるため、現在でも需要が急上昇しています。

現在のこのような状況からも、Webデザインスキルと向上心があれば、転職できる可能性は高くなるといえるでしょう。

転職サイト・エージェントを有効活用するコツ

今までに紹介してきた転職サイトや転職エージェントを有効活用するにはどうすれば良いのでしょうか。

転職を有利に進められるコツを以下3つ紹介します。

  • 転職サイト・エージェントは複数利用する
  • 担当者が合わない場合はすぐに変更してもらう
  • 特化型・総合型どちらも利用する

それぞれ詳しく解説していきます。

転職サイト・エージェントは複数利用する

転職サイトやエージェントは複数登録しておきましょう。

理由としては、

  • 得意にしている分野や特徴が異なる
  • サポート内容が異なる
  • 転職に関するアドバイスを多角的にもらえる

が挙げられます。

前述したように、転職サイトやエージェントにはそれぞれ異なる特徴があります。自分に合った転職サイトやエージェントを状況に応じて使い分けることが重要です。

サイトによって掲載されている求人が異なりますし、多角的なアドバイスをもらえることで企業選びのミスマッチをなくすこともできます。

担当者が合わない場合はすぐに変更してもらう

転職活動の成功率は、担当のキャリアアドバイザーとの相性に左右されるといっても過言ではありません。

転職活動を進める上で、自分の希望を通してもらったり、親身に相談に乗ってもらうなど、キャリアアドバイザーと二人三脚で進めていきます。そのため、担当者との相性は重要です。相性が悪いと、転職の満足度が下がってしまったり、最悪の場合希望通りの求人を紹介してもらえないこともあります。

合わないなと感じたら、すぐに変更してもらうか別の転職エージェントを利用しましょう。

特化型・総合型どちらも利用する

転職サイトやエージェントには、業界に特化した求人を扱っている特化型とさまざまな職種や業種を網羅している総合型があります。

それぞれの転職サイトで扱っている案件や規模も異なりますので、視野を広げるためにも両方のサイトを利用することがおすすめです。

中には、独自案件や非公開求人を掲載しているサイトもあります。豊富な企業の中から選択すると、企業選びの際に比較検討もしやすくなります。

このように、特化型と総合型両方の転職サイト・エージェントを利用することで、ミスマッチを減らすことができます。

転職サイトを活用して転職を成功させよう

今回は、未経験からWebデザイナーに転職するために活用したい転職サイト・エージェントを紹介してきました。

転職サイト・転職エージェントともにサービスごとに異なる特徴があります。記事の最初には比較表もありますので、自分が活用できそうなサービスを選んで実際に利用してみると良いでしょう。

また、一つのサービスに依存するのではなく、複数のサービスを利用することでより希望に沿った企業を見つけることができます。

スキルを身につけたのに、就職した企業とミスマッチしてしまった…ということを避けるためにも、転職サイトやエージェントは積極的に利用していきましょう。

最新情報をチェックしよう!