フローティングバナー
web制作 独学

Web制作は独学でも十分稼げる可能性あり!稼ぐために必要な勉強内容

この記事の監修者
5789
橋本 琢王
CIRANUI株式会社代表取締役 2015年にエンジニアとしてのキャリアをスタートし、制作会社のWEBディレクター、ヘルスケアスタートアップのWEBエンジニア、事業会社のプロジェクトマネージャー・プロダクトマネージャーなど様々なプロジェクトに参画。 プロジェクトマネージャー、WEBディレクター、WEBエンジニアとしてのキャリアを築く。 プロジェクトに参画しながら、2016年にフリーランスチーム「FIREWORKS」を立ち上げ、フリーランスで活躍するエンジニアやデザイナーと共に、WEBブランディング、WEB開発を行う。 2021年に個人事業主から法人化をしてCIRANUI株式会社代表取締役に就任。

近年、Web業界が発展を遂げていることから、Web制作が注目されています。

副業やフリーランスの仕事に興味がある方からも人気の仕事です。

Web制作が気になっている方の中には、Web制作をできるだけお金をかけずに独学で習得したいが、本当に可能なのか不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、Web制作は独学で習得できるのか、実際に稼げるようになるにはどんなことを学べばいいのかを紹介します。

Web制作に興味があり、独学で稼げるようになりたい方はぜひ参考にしてください。

Web制作を独学で習得して稼ぐことは可能!

web制作 独学

Web制作のスキルは、独学でも習得することが可能です。

Web制作とはWebサイトを作成する仕事なので、デザインやプログラミングなど学ぶべきことは多岐にわたります。

初心者の方だと、独学で習得することに不安を感じる方も多いかもしれません。

しかし、正しいプロセスで勉強すれば初心者でもWeb制作のスキルは身につきます。

Web制作のスキルを独学で学ぶためには、主に2つの方法があります。

  • 学習サイトで学ぶ
  • 本で学ぶ

詳しく説明していきます。

学習サイトで学ぶ

まず1つ目は、学習サイトで学ぶことです。

学習サイトには、無料のサイトと有料のサイトがあります。

なるべく費用を抑えたい方は無料で学べるサイトを利用するといいでしょう。

有料サイトでも月額1,000円程度のサイトが多いので、スクールに通ったりオンライン講座を取ることに比べると、お金をかけずに知識を得ることができます。

他にも、YouTube動画などでも学ぶことができます

基本無料で視聴できますし、文章だけでなく、映像でWeb制作を学ぶことができるのでイメージがつきやすいでしょう。

実際にWeb制作の仕事をしている人が動画を上げていることも多いので、ぜひ活用してみてください。

学習サイトで知識をインプットした後は、実際にアウトプットして自分のものにしてください。

本で学ぶ

2つ目は、本で学ぶ方法です。

書籍を利用すると、かかる費用が比較的安価で済みます。

自分のペースで勉強できることもメリットの1つです。

Web制作は需要が高まっている仕事なので、スキルを身につけるための書籍も多く出版されています。

上級者向けの本から入ってしまうと挫折しやすいので、入門レベルの書籍を1冊購入してその本を完璧にするのがおすすめです。

Web制作に関する本はたくさんあるので、選ぶのに迷ってしまうかもしれません。

その場合は、出版された年が比較的新しい初心者向けの本で、サイトをゼロから作り上げるための内容がきちんと書かれているものを選びましょう。

Web制作の現場は技術の進化が早いので、古い書籍で勉強すると今は使われない知識を覚えてしまう可能性があります。

記憶が新しいうちに実際にコードを書いてみたり、アウトプットをして知識を定着させましょう

Web制作を独学で習得するために学ぶこと

web制作 独学

Web制作を独学で習得するためには、様々なことを学ばなくてはなりません。

Web制作を仕事にするには、Webサイトの仕組みなどの基礎知識を始め、デザインの知識やプログラミング言語など多くのスキルが求められます

今回はWeb制作を習得するために学ぶべきことを6つ紹介します。

  • Webサイトの構造
  • HTML/CSS
  • JavaScript/jQuery
  • Webデザイン
  • SEO
  • WordPress

1つずつ見ていきましょう。

Webサイトの構造

まず始めに、webサイトの仕組みを理解しましょう。

サイトの構成要素を理解できていないと、効率のよい勉強はできません。

Web制作の知識を身につける上で、まず全体像を掴んでおくと、これを学べば何ができるようになるのか具体的にイメージできるようになります。

Webサイトの構造は、Webサーバ、HTMLファイル・画像、Webブラウザで成り立っています。

Webサーバーが根底にあり、その上におかれているHTMLファイルをWebブラウザが読み取ることにより、プログラミング通りのビジュアルがWebブラウザに表示されるのです。

このようなWebサイトの構造の土台を固めてから、その他の技術を学んでいきましょう。

HTML/CSS

HTML/CSSのスキルはWeb制作の基本スキルです。

HTMLはテキストや画像などのWebサイトを構成する要素を作成するマークアップ言語です。

普段よく目にするWebサイトには、この言語が使われています。

テキストボックスや文字、表やリンクなどの部品を配置します。

CSSは、HTMLで構成した要素を修飾するスタイルシート言語です。

テキストに色を付けたり、太字にしたりするために使用します。

Webページのデザインをまとめて変更したり、デザインを微調整したりできる言語です。

他にも、スクリーンサイズに合わせて表示スタイルを変更します。

CSSを使うことで、Webページの見た目を整えてわかりやすいサイトを作成することができます。

JavaScript/jQuery

次に、JavaScript/jQueryのスキルも身につけておきましょう。

JavaScriptとは、ポップアップ画面のように見た目にアニメーションをつけることができるプログラミング言語です。

Webサイトの機能性を高めたり、見た目に変化をつけることができます。

JQueryはJavaScriptのプログラムで、JavaScriptを簡単に記述できるようにしたものです。

JavaScriptよりも少ない記述で様々な表現を確実に実行できるので、jQueryはかなり普及しています。

どんなブラウザでも使用することができ、jQueryなしではWeb開発はできないと言われています。

Web制作の仕事をする上で必ず必要になるので、jQueryの知識もつけておきましょう。

Webデザイン

また、Webデザインの知識もWeb制作には必須です。

デザインが優れていないと、せっかくユーザーがサイトを見にきても離れていってしまうことがあります。

Webデザインスキルを高めるためにはデザインの基礎を学ぶ必要があります。

Webデザインの基礎を学んだら、優れたサイトのデザインをトレースしましょう。

Photoshopなどのツールを使用し、ひたすらトレースしていくと最も効率よくデザインを学ぶことができます。

Photoshopとは、画像編集、デザインが簡単にできるツールのことです。

サイトのバナーやアイコンを作成する際にもよく使用します。

ただ優れたサイトのデザインを写すだけではなく、なぜこのデザインなのか?コンセプトは何なのか?考えながら行ってください。

SEO

Web制作を独学で習得するためには、SEOの知識も必要です。

SEO対策は、サイトにユーザーを集客するために取り組むものです。

何か調べ物をしたとき、検索結果の3ページ目、4ページ目まで目を通す人は少ないでしょう。

せっかくサイトを作っても、検索上位にならなければユーザーに訪れてもらえません。

特別な理由がなければ、GoogleのSEO対策を学びましょう。

検索エンジンでは、Googleのシェア率が圧倒的に高いです。

モバイル・パソコン共に7割以上のユーザーがGoogleを使用しています。

Googleはユーザーファーストなので、ユーザーにとって役に立つ情報を提供することによって検索上位になることができます。

WordPress

Web制作の仕事をするのであれば、WordPressのスキルも身につけておきましょう。

動的にWebサイトを管理するために、WordPressのようなCMSの導入ができると便利です。

CMSとは、専門的な知識がなくても簡単にWebサイトを管理できるものです。

世界のサイトの3割はWordPressで作られており、CMSの中で最も人気があります
実際にWordPressを使用してサイトを作成したいクライアントも多いので、基本的な知識をつけておくと仕事の幅が広がります。

WordPressを習得するには、独自にテーマを作成してみることが最適です。

シンプルなテーマでいいので、WordPressの仕組みを理解しておくことが重要です。

ゼロから作成するのは難しいかもしれないので、既に作成されているテーマに少し手を加えてオリジナリティを出すところから始めてみましょう。

Web制作を独学で習得するために必要な期間

web制作 独学

Web制作を独学で習得するために必要な期間は、早くて3か月、遅くて半年〜1年ほどです。

Web制作を独学で習得するために学ぶべき項目ごとに必要な期間を紹介します。

  • HTML/CSS:半年程度
  • JavaScript/jQuery:3~4か月程度
  • Webデザイン:半年程度
  • SEO:1年程度
  • WordPress:2か月程度

1日に勉強に費やせる時間や、理解度によってもかかる期間は変わってきます。

本業が忙しく、勉強する時間を取れない方は1年ほど勉強する期間が必要です。

独学だとモチベーションを保ちながら勉強することが難しいので、目標設定が重要です。

いつまでにWeb制作を行えるようになるか、どのレベルを目指すか、目標設定はしっかりとしておきましょう。

1年後までにスキルを習得したい場合は、地道に行えば独学でも可能です。

しかし、早くスキルを取得して仕事をしたいのであれば、スクールに通って学ぶ方法がいいでしょう。

独学でもWeb制作の習得は可能ですが、スクールに通うほうが短期間で挫折しにくく学ぶことができます。

Web制作で稼ぐために必要なこと

web制作 独学

本当にWeb制作を独学で習得できるのか不安に思う方もいるでしょう。

しかし、ポイントを押さえて勉強すれば、独学でもしっかり稼げるようになります

Web制作を独学で勉強し、稼げるようになるためには以下の5つのことが必要です。

  • 目標・期間を決める
  • 学習時間を確保
  • 家族への説明
  • アウトプットをする
  • メンターを見つける

1つずつ詳しく解説します。

目標・期間を決める

まず大切なのは、目標・期間を決めることです。

学習のゴールとして何を設定するかを明確にしましょう。

例えば、趣味で個人ブログやサイトを制作するのか、副業やフリーランスとして稼ぎたいのか目標が違えば過程も変わってきます。

そして、目標が決まれば大まかな学習期間が逆算できます。

自分は1日何時間勉強できるのか、いつまでに習得するのかを必ず決めてください

コツコツ勉強を進められればいいですが、目標や期間を定めていないとモチベーションが低下して挫折してしまう可能性が高くなってしまいます。

学習時間を確保

次に、学習時間を確保しましょう。

Web制作のスキルを習得するために目標と学習期間を決めても、学習時間が確保できなければ期間までに習得できなくなってしまいます。

まずは学習習慣を身につけることが必要なので、本業で忙しくても、毎日時間を取って学習するようにしましょう。

1日2時間ほどの学習時間を確保し、独学でコツコツ1年学習を続ければ、仕事を受注して稼げるようになります。

学習ペースによってかかる時間も変わってくるので、短期間で学習時間を確保して集中的に学習すれば3か月ほどで簡単な仕事を受注できる人もいます。

家族への説明

次に、家族への説明が必要です。

独学でWeb制作の学習をする間はその後確実に稼げるかわからない状態なので、学習に打ち込むには周囲の人の理解や協力が必要不可欠です。

Web制作の学習時間を確保するためには家事の負担を減らしたり、時間の調整をしたりしなくてはなりません。

家族の理解が得られないと、仕事になるまでの期間に大きく影響してしまうので早い段階でしっかり説明しておきましょう。

アウトプットをする

Web制作を独学で習得するためには、学んだことをアウトプットする必要があります。

書籍やサイトでインプットしただけではイメージがつかみにくく、知識として定着しにくいです。

実際にWeb制作の仕事を獲得しても、実務経験がないと業務効率が悪く稼げないというケースも少なくはありません。

そのため、実際にWebサイトを制作して学んだ知識を実務でアウトプットしましょう。

自分で実際にサイトを制作することで、仕事の全体像がイメージできます。

メンターを見つける

Web制作を独学で習得するためには、メンターを見つけることが重要です。

書籍やサイト、YouTubeで知識をつけることは可能です。

しかし、独学ではわからないことが出てきた時にすぐに解決することは難しく、正しい学習ができているか不安になり挫折してしまう可能性があります。

そのため、Web制作について相談できるメンターを見つけましょう。

メンターがいれば、Web制作の学習についてはもちろん、その後の仕事の獲得方法なども相談することができます。

独学でつまづいたらスクールに通う

web制作 独学

独学でつまづいてしまった場合は、スクールに通うことをおすすめします。

学生時代塾に通っていた方はイメージがつくと思いますが、わからないことがあれば先生に聞くのがいちばん早いです。

完全な独学だと、行き詰ってしまったときにそのまま諦めてしまう人も多いのが現状です。

Web制作のスキルを学ぶ時も同様で、スクールを利用することで確実に成長することができ、仕事を獲得し始めた時の単価や将来性も大きく変わってきます。

せっかく学んだ知識を無駄にしないために、独学でつまづいてしまった時はプロの下で成長していく方法がおすすめです。

Web制作を独学で習得して稼ぐことは可能!

web制作 独学

本記事で説明した通り、Web制作を独学で習得して稼ぐことは可能です。

独学でWeb制作の知識を学ぶためには、サイトで学ぶ方法と書籍で学ぶ方法があります。

YouTube動画などでも学ぶことができるので、自分に合った方法で学習してください。

サイトや書籍で学んだ後は、必ずアウトプットして知識を定着させましょう。

アウトプットの方法は、実際にサイトを作ってみることがいちばんおすすめです。

Web制作を独学で習得するためには、以下の6つのスキルを学ぶ必要があります。

  • Webサイトの構造
  • HTML/CSS
  • JavaScript/jQuery
  • Webデザイン
  • SEO
  • WordPress

これらのスキルを身につけるには、早くて3か月、遅くて1年ほどの期間が必要です。

独学では挫折してしまう可能性もあるので、もし行き詰ってしまったらスクールに通うことをおすすめします。

web制作 独学
最新情報をチェックしよう!