Web制作はオワコンではない!オワコン化しないための方法を解説

インターネットが発達したことにより始める人も増えているWeb制作。

しかしネットでWeb制作と調べるとオワコンといわれていることも少なくありません。

これから学習を始めようとする方の中には以下のような不安を抱える人も多いです。

「Web制作はオワコンと聞いたけど実際どうなの?」
「今からWeb制作の仕事を始めても大丈夫?」
「Web制作業界で活躍する方法を知りたい!」

Web制作をこれから始めようと思っても、オワコンと噂されてたら本当に始めてもいいのか不安になりますよね。

Web制作スキルは比較的身につけやすいため、副業としても人気で市場はレッドオーシャンになっているイメージもあると思います。

そこで本記事では大きく以下4つのテーマについて解説します。

  • Web制作はオワコンではない!Web制作の実態を解説
  • Web制作がオワコンと言われる理由3選
  • Web制作で活躍するための方法
  • Web制作でオワコン化しない人の特徴

Web制作がオワコンといわれる理由や実態について解説していき、オワコン化しないためにできることも解説しています。

Web関連の職種の需要は高く将来性もありますので、ぜひ本記事を参考に今後必要とされるWeb制作エンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

Web制作はオワコンではない!Web制作の実態を解説

Web制作はオワコンといわれますが結論、まだまだ「Web制作はオワコンではない」です。

本記事ではオワコンではないことを主張しますので、まずはWeb制作がオワコンではない根拠を示すために、まずはWeb制作の実態について解説していきます。

Web制作を起点に仕事を広げられる

まずはじめに、Web制作は企業から頼まれたサイトを作成するだけが仕事ではありません。

Webサイトを制作する本質はクライアントの売上を上げることであり、そのための手段としてWeb制作の技術が利用できるという点を抑えておきましょう。

本質をしっかりと認識しておくことで、クライアントへ提案できる内容や仕事における交渉などが変わってきます。

クライアントの売上を上げるためには、Web制作技術を高めるよりもその他関連するスキルを身につける方が需要が高いこともあります。

Web制作と相性がいいのはマーケティングライティングスキルになりますので、ぜひWeb制作を起点にマーケティングの分野にも関わり、クライアントの売上アップに貢献できる人材を目指しましょう。

コーディングだけできる人材は厳しい

HTMLやCSSなどのマークアップ言語を用いたコーディングはWeb制作の基礎となりますが、現実問題としてコーディングだけで稼いでいくのは難しいです。

なぜならコーディングは、プログラミングなどと比べて習得難易度が低くライバルが多いため、市場価値が高くなりにくいからです。

クラウドソーシングサイトなどでLP制作の単価を見ると1ページ約5000円ほどとなっており、単価相場が低いため数をこなさねばならず消耗してしまうことが分かるでしょう。

そのためWeb制作でオワコンとならないためには、コーデング以外のスキルを身につける必要がありますので注意しておきましょう。

デキる人は仕事に困らない

これはどの業界でも当たり前の話ですが、デキる人に仕事が集まるためクライアントからの評価を上げていくことができればオワコン化しない人材になることができます。

ここでいうデキる人というのはWeb制作をただ行うだけではなく、クライアントの売上アップに貢献できる人材のことをいいます。

Web制作者は数多くいますが、その実態は初心者〜中級者レベルの人ばかりで、スキルの高い人材はどこの企業でも足りていない状況です。

クライアントの売上を上げるために何ができるのかを常に考え積極的に提案するなど、誠実に仕事に取り組むことでクライアントの信頼を獲得することが重要になってきます。

信頼して仕事を任せてもらえるようになれば、クライアントから継続して仕事をもらえたり、新規クライアントを紹介してもらえる可能性もあります。

Web制作は最初は稼げずに辛いかもしれませんが、仕事をこなしていくうちに様々なスキルを身につけることで、オワコンとはいわれないようになるはずです。

クライアント目線に立つことを常に念頭に置きWeb制作に携わることで、ぜひクライアントの売上を上げられる需要の高い人材を目指しましょう。

Web制作がオワコンと言われる理由3選

Web制作がオワコンといわれる理由はなんなのでしょうか。

ここからはWeb制作がオワコンといわれる主な理由3選について解説します。

ノーコードツールの台頭

Web制作がオワコンと言われる理由の1つ目は、誰でも簡単にWeb制作ができるノーコードツールが台頭してきたことが挙げられます。

ノーコードは難しいプログラミングのコードを書かなくてもWebサイトやWebシステムを開発できるツールです。

簡単なWebサイトであればコーディング知識がない素人でもそれなりのサイトをスピーディーに作れるようになっています。

これにより凝ったデザインを必要としない企業は、Web制作を外注せずに自社でWebサイトを制作することもできるようになったのです。

ノーコードツールを利用することで簡単にWebサイトが作れるわけですから、コーディングしかできない人材の需要が減ってしまい、オワコンといわれてしまうのも仕方ないといえるでしょう。

価格競争の激化

2つ目の理由は副業解禁やフリーランス人口増加によるライバルの増加によって、価格競争が激化していることです。

Web制作者が多くなると安い価格で仕事を請け負う人も増えるため、クライアント側がより安い金額で仕事を発注しやすい環境となってしまいます。

Web制作はシステム開発などに比べると習得するハードルが低いため、今後もライバルはどんどん増えていくでしょう。

こういった背景もあるため、初心者レベルのWeb制作者は価格競争から抜け出せずに疲弊してしまいますので注意しておきましょう。

労働環境の悪さ

元々、Web制作現場などは労働環境が悪いといわれています。

その理由はSlerや大手広告代理店等が案件の受注など上流工程を行い、中小企業がサイト制作などの下流工程を請け負うという流れが形成されているからです。

IT業界では下流工程にいくにつれて中抜きが発生して利益率が低くなるため、長時間働いても低い報酬になってしまうことが多いです。

更に納期に追われながら修正依頼に対応することもあるため、労働量が多くなって疲弊しないように気をつけておく必要があります。

ただ、実際の労働環境については企業や案件によっても事情が異なるため、Web制作全体に関わる問題ではないと思います。

Web制作で活躍するための方法

Web制作の実態やオワコンといわれる理由について解説してきましたが、ここからはそんなWeb制作現場で活躍するための方法について解説していきます。

低い報酬で長時間働いて消耗しないためにも、ここで紹介するポイントを抑えてWeb制作業界で活躍できる人材を目指していきましょう。

Web制作以外の仕事を巻き取る

Web制作で活躍する方法1つ目はWeb制作以外の仕事も巻き取ることです。

ここでいうWeb制作以外の仕事は、関連性のあるスキルのことを指しますので注意しておきましょう。

具体的には以下のようなスキルがあると重宝されます。

  • SEOを意識したライティングができる
  • 自社のWebサイトへの流入を増やすマーケティング施策を打てる

Webサイトは制作して終わりではなく、クライアントの売上を上げることが最終的な目的です。

上記のようなスキルをアピールしてWeb制作以外の仕事も巻き取ることで、クラウドソーシングサイトで数多くいるWeb制作者との差別化をはかり、需要の高い人材になれます。

とはいえ、まずはWeb制作の仕事で結果を出すことが重要ですので、焦らず徐々に自分のできる仕事の範囲を増やしていきましょう。

クライアントへ積極的に提案する

活躍するための方法2つ目は、Webサイトをいわれた通りに制作するだけではなく、売上アップを考えクライアントへ積極的に提案していくことです。

何度もお伝えしている通り、Web制作の本質はクライアントの売上を増加させることです。

SEOやSNS観点なども交えながら、Webマーケティングの知識を身につけて積極的に提案できるようになりましょう。

クライアント自身も気づいていない課題や解決するための手段を提示できるようになればリピートにも繋がるでしょう。

Web制作に限らずですが、新規顧客を獲得するコストは既存顧客を維持するコストの5倍かかるといわれています。

そのため毎回新規のクライアントを獲得しなくても大丈夫なように、クライアント目線に立って売上を挙げるための施策を積極的に提案できるよう意識して取り組んでみることをおすすめします。

希少性を高める

Web制作がオワコンといわれる理由でも触れましたが、副業ワーカーやフリーランスの増加に伴い、現在のWeb制作業界では初心者〜中級者が数多くいます。

しかし企業が求めているのは中途半端にWebサイトを作れる人材ではなく、専門性が高くて売上に貢献してくれる人材です。

他のWeb制作者との差別化を図り、Web制作業界で長く活躍していくためにも希少性を高めていく必要性が今後ますます重要になってくるでしょう。

「これを任せるなら〇〇さん」といわれるように何か一つの分野に特化して希少性を高める事ができれば市場価値も上がり、結果的により幅広い仕事をしていくことも可能です。

Web分野で特定のスキルを極めることができればオワコン化することはなくなるでしょう。

Web制作でオワコン化しない人の特徴

ここまでWeb制作で活躍するための方法について解説してきましたが、ここからはオワコン化しない人の特徴について解説していきます。

ここで挙げる特徴を意識してスキルアップを目指すことでWeb制作業界でもオワコン化しない人材になれるでしょう。

上流工程に関わっている

Web制作でオワコン化しない人の特徴1つ目は上流工程に関わっていることが挙げられます。

何度もお伝えしている通り、コーディングやデザインのみなど、Webサイトを作れるだけのWeb制作者は今後生き残っていくのは難しいです。

そのためWeb制作でオワコン化しないためには、要件定義や企画の立案など戦略を考える立場やマネジメントをしたりといった上流工程の仕事にシフトチェンジしていくことが重要です。

デザインやコーディングなど末端の業務をいつまでも続けず、なるべく早く上流工程に関わることで稼げるようになりオワコン人材から抜け出せるようになるでしょう。

リピートに繋がるクライアントを複数抱えている

Web制作でオワコン化しない人の特徴2つ目はクライアントを複数抱えていることが挙げられます。

複数のクライアントを抱えているということは、仕事に対して信頼を持ってもらえているということです。

また、複数クライアントがいれば収入が安定して気持ちにも余裕ができるため、新たな分野の知識を身につけてより幅広い仕事をできるようにもなるでしょう。

常にクライアントの売上アップのためにできることを考えて誠実に仕事をこなすことで、リピートに繋がるクライアントを増やしていけるように取り組んでみてくださいね。

リピートに繋げるためには、仕事での成果はもちろんですが進捗報告をこまめに行うなど、日頃のコミュニケーションスキルも重要になってきますので、そちらも意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。

様々なスキルを掛け合わせている

Web制作でオワコン化しない人の特徴3つ目は、様々なスキルを掛け合わせていることが挙げられます。

デザイン作成からコーティングができるのはもちろんのこと、デザイン作成に入る前の設計段階からWebサイト制作後の集客に至るまですべての工程に関われるスキルを身につけることで希少性の高い人材になれるでしょう。

技術的なスキルのみではなく、クライアントとのコミュニケーション力やチームをまとめるためのマネジメントスキルなども身につけておくことでクライアントからの信頼を獲得することができます。

様々なスキルを持ち合わせて知識をつけておけば、クライアントの要望に応じた最適な提案もできるようになるため、仕事の幅もかなり広くなるはずです。

まとめ

本記事ではオワコンと噂されているWeb制作の実態や、活躍するための方法について解説してきました。

オワコンといわれる理由でも触れましたが、Web制作業界は参入障壁が低くライバルが多いため、コーディングのみなどしかできない人材は厳しいのが現実です。

また、クライアントが求めるスキルレベルの変化やライバルの増加により価格競争に巻き込まれやすいので注意しておく必要があります。

しかし業界全体がオワコンというわけではなく、仕事のできる人材になれば大きく稼ぐことも可能です。

Web制作はオワコンといわれる時代ですが、クライアントの売上アップに貢献できるように様々なスキルを身につけることでオワコン化しない需要の高い人材を目指していきましょう。

最新情報をチェックしよう!